ご質問に対する回答

クウォーター理論 S2とは &「肩からボールから肩」ではなく「肩から肩」について。

<読者より>
こんばんは。
いつも見させいただいています。

質問があります。
前倒しをする時はS2でするように、足は回すんですか?

それからボールの位置ですが、ドライバーの場合は左に置くと??
ドウシテモ合わせに行ってしまいます。。

パソコンさんの動画は正面のがないので、良く分かりません。

いきなりあれこれ言ってすみませんが、よろしくお願いします。

スポンサーリンク


<私より>
こんばんは。
返信遅くなり申し訳ありません。

そして、コメントありがとうございます。
またブログを見て頂いて嬉しいです(笑顔)

さて、ご質問に関してですが、S2で行うような「足の使い方」のことを言われているのだと思いますが、勿論、そのような時もあります。

S2とは
ゴルフスイングに於ける一番重要と言ってもいいインパクトまでの四分の一の動きです。
バックスイングをする際に、上半身を右後方に90度回転させたら、今度は上半身はそのままで、下半身を左後方に90度回転させて上半身を正面に戻す動作です。要は、上半身と下半身の捻転差でパワーを出すのですね。

ただ、前倒し自体については、トップからの動きとして、ヘッド(フェース面)が前に倒されるように行う動作のことであり、今まで、私達(私達のような高齢者)が習ってきたスイングプレーンを意識した、シャフトを、そのスイングプレーンに沿って引くような動作とは違ったスイングと言いましょうか、シャフトを振るのではなく、ヘッドを振るというスイングなんです。

言葉だけでご説明するのは本当に難しいのですが、本当に理に適った理論なのです。
なので、私としても、色々な方に、安易にご説明ができないと言いますか、私自身が表現に乏しいと言いますか、何てご説明したら良いのかさえも考えてしまいます・・・・・。

なので、「前倒しをする時はS2でするように足を回すのですか?」と聞かれますと、「そうです。」だけではいい加減過ぎてしまうので・・・・・・。
そんな感じですが、何となくご理解して頂けたら嬉しいです。

ボールの位置についてですが、左に置くと、ボールに合わせに行ってしまうとのことですが、これは、右に置こうが左に置こうが、その意識がありますと同じことの繰り返しになってしまうと思います。

要は、ボールを意識しない。

ボールを見ない。

そうなんです。
とにかく、ボールを一切見ないのです。

勿論、そこにボールがあるのは理解していますよね。
だって、ボールに対してフェースを合わせてアドレスを取るのですから、理解していない訳がないのです。

でも、意識しないのです。

ボールを意識してしまいますと、どうしても、人間の性と言いましょうか、必ず、ボールにフェース面を正対させようとする動きがでてしまうのです。

この正対というイメージが悪しきイメージでして、「正対=フェースが開く」と言っても過言ではないのです。

私のブログでも動画でも、散々、言っておりますが、どうしても見てしまう方が多いのです。

スポンサーリンク

私は見ません。
というより、ボールの手前の数センチの地面しか見ていません。

ボールはボワ~としか映っていません。
なので意識することも少ないです。

先ずは、このことを信じて、理解して、取り入れて欲しいのです。

人間の性を無くすことに努力してみて下さい。
簡単ではありませんが、極端にやれば、それほど難しいことでもないと思います。

何度も何度も言いますが、ボールは目に映っても見ない事です。

尚、アドレスを取る際には、ボールの延長戦上にターゲットがあるのですが、一度、ターゲットにフェースを合わせましたら、もう意識をすることはないようにして下さい。

私もなかなか出来ませんが、アドレスを取ったら、それを信じて、ボールの右サイドの処理を行うことだけをして下さい。

要は、トップに行きましたら、直ぐ左腕の外旋動作をしますが、その切り返しの一瞬の動作の時には、身体はなるべく動かないようにしながら行うのですが、その動作によって身体が左後方回転させられるという感じが良いのです。

その時に足が連動してくると良いんです。

桑田プロが言われていることの中に、「肩からボールから肩」ではなく、「肩から肩」という風に、間に「ボール」という意識が無いスイングが良いのです。

ボールを意識してしまいますと、それだけで、当てに行くというスイングになってしまうのです。

そうそう、コースでは特にそうではないですか?

特にセカンドを打つ際など、少しでも傾斜があったりしますと、途端にボールを意識して、ボールに当てに行くというイメージになりませんでしょうか。

そういう時にも、ボールは見ません。
ボールはターゲットを取る際に見るだけであって、一度、アドレスを取ったら、ボールを見ずに、右サイドで処理動作をすることだけに集中するのです。

これは、自分自身にも言い聞かせています(笑顔)

長くなりましたが、そんな感じです。
ではでは、お互い頑張りましょうね~(笑顔)

スポンサーリンク

この度、アベレージゴルファーの応援企画と致しまして、「ゴルフ異聞録」を開設致しました。
ご興味のある方は、是非、ご参加下さい。
共に頑張りましょう。
応援致します。

「ブログランキング:ゴルフ部門」なんとか頑張っていま~す。 宜しくお願い致します。

「ゴルフ上達法」もヨロシクで~す。
にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ

たまには、違うことも勉強して、そして、良いところは取り入れたいですね。
お時間がございましたら、見てみて下さいね~

ホリエモンが目覚めた“頭を使う”ゴルフ (Zaiten books) 財界展望新社

記事が参考になったらランキングバナーのクリックで応援お願い致します。励みになります。



スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 前倒しのタイミングの取り方について。 左手の小指と薬指が鍵かな・・・・・・
  2. 「謙虚に謙虚に」 それが一番です。
  3. 左腕の小指薬指側の筋肉にテンションが掛かりますので、そのテンションが掛かったよう…
  4. 身体(胸面)が飛球線後方を向いている時(両肩が飛球線ラインと直角の時)に右サイド…

関連記事

  1. ご質問に対する回答

    極論を言いますと、「気を付け」の姿勢は・・・・

    ちょっとしたご質問ですが、ご紹介(一部省略)させて頂きます。 こう…

  2. ご質問に対する回答

    読者の方の動画を見させて頂きました。皆さんも見せて下さいね~

    <読者より>初めまして。 今日初めて動画を拝見させていただきま…

  3. ご質問に対する回答

    「腕引きスイング」と「シンプルスイング」

    <読者より>ご無沙汰してます。ブログ始められていたんですね…

  4. seonpapaのゴルフ動画

    結果になる前の右サイドでの処理動作が一番大切なんです。

    <読者より>はじめまして、49歳にしてゴルフを始めた者です。…

  5. ご質問に対する回答

    左手首の強さに合ったスピード感を常に養うようにしています。

    (読者より)はじめてメールさせていただきます。いろいろな動画を…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近のコメント

    ブログランキング

    1. seonpapaのゴルフ動画

      何故、飛ばそうという意識がいけないのか・・・
    2. 嬉しいコメント

      左腕の小指薬指側の筋肉にテンションが掛かりますので、そのテンションが掛かったよう…
    3. seonpapaのゴルフ動画

      左腕の外旋反復練習の重要性について
    4. seonpapaのゴルフ動画

      「謙虚に謙虚に」 それが一番です。
    5. seonpapaのゴルフ動画

      「100切りゴルフ」後編
    PAGE TOP