seonpapaのゴルフ動画

身体(胸面)が飛球線後方を向いている時(両肩が飛球線ラインと直角の時)に右サイドでの処理動作(トップから直ぐに外旋動作)を行うのです。

2月9日掲載の方より。
<読者より>
seonpapa さん。
拙い文面でここまで解釈していただきありがとうございます。

確かに引いている感はあるように思います。
なのでお腹にあたる(単に腹が出てるのも一因かと(笑))

まず外旋し結果プレーン上に乗れば良い感じで練習してみます。
親指はフォローの際に右手の返しが強いのかなと、桑田さんが仰ってた下半身のターンが出来てなくて、上半身でターンしてるのもいけないのかもとSeonpapaさんの動画をみて思いました。

また思った点があれば質問させていただきます。
宜しくお願いします。

<私より>
おはようございます。
私は単なる素人ジジイですが、素人は素人同士、練習場での会話のようなお話ができたら一番良いですよね~(笑顔)

そんなことですので、いつでもご質問下さいませ(笑顔)

それから、こちらからお願いがありますが、アドレスで飛球線ラインと並行した両肩は、バックスイングをした際には、その飛球線ラインと必ず直角になるようにして下さい。

勿論、身体の柔軟性によっては難しいこともありますが、ゆっくりでも良いので、なるべくそのようにして欲しいのです。

この動作の段階でスピードが速まってしまって、それこそ、ちゃんと右後方回転が成されませんと何の意味もなくなってしまいます。

弓道で言えば、ターゲットに対して照準を合わせて、ゆっくり弦を引くようなイメージです。

何故、バックスイングをした際に飛球線ラインと両肩が直角にならないといけないのかと言いますと、トップからダウンスイングをする際は、左後方回転しますが、バックスイングをした際に右後方回転が浅過ぎますと、インパクトに向かってダウンスイングをする際に、同じ左後方回転をしてもインパクトの際には両肩が飛球線ラインと並行していなければならないのに、同じ回転をしてもインパクトの際に右肩が飛球線ラインより前に出てしまうのです。

インパクトの際に右肩が飛球線ラインより前に出てしまいますと、右サイドでの処理動作が飛球線ラインより前に出て行われるような感じになってしまって方向性がままならなくなります。

私の場合は、強烈なフック系統になります・・・・・(笑)

それが顕著に表れてしまうのが、飛距離を出そうとした時です。

スポンサーリンク

要は、バックスイング~ダウンスイングをする際の右後方回転~左後方回転なのですが、バックスイングをした際にスピードが速すぎてしまって、ちゃんと右後方回転出来なかった時は、インパクトの際に右肩が飛球線ラインより前に出てしまうのです。

イメージとしてですが、弓道の弓を遠くに飛ばそうとした際に、弦を早く引きますか?

引きませんよね。

左腕は前方に伸ばして弓を固定して、右手で弦をゆっくり引いてこそ、照準も合わせやすいし飛びもするのです。

これと同じように、バックスイングもご自身にあったスピードが一番なのでしょうが、飛ばそうとした時は、これが疎かになってしまうのでしょうね。

あのタイガーウッズでさえ、年齢と共に落ちて来た飛距離を元のようにしようとスイングスピードを上げ過ぎておかしくなりました。

なので、私達のような素人は、何があってもそのことだけは意識してやらなければいけないことだと思っています。

そしてそして、ここからがお願いなのですが、バックスイングをする際の両肩は飛球線ラインに対して直角にしますが、この時の身体(胸面)は、飛球線後方を向いていますよね。

この身体(胸面)が飛球線後方を向いている時(両肩が飛球線ラインと直角の時)に右サイドでの処理動作(トップから直ぐに外旋動作)を行うのです。

これが少しでも遅れたりして、インパクトの際に右肩が飛球線ラインより前に出てしまった時にはどうしようもなくなります。

スポンサーリンク

キチンと前倒しができていれば、左への強烈なフック系統の弾道。

前倒しが中途半端であったり、また、左腕を引いてしまうようなスイングであるとチーピンやスライスになってしまいます。

そんなことですので、くれぐれもバックスイングをする際には意識して下さいね。

ではでは、お互い頑張りましょうね~(笑顔)

スポンサーリンク



この度、アベレージゴルファーの応援企画と致しまして、「ゴルフ異聞録」を開設致しました。
ご興味のある方は、是非、ご参加下さい。
応援致します。

「ブログランキング:ゴルフ部門」なんとか頑張っていま~す。 宜しくお願い致します。

「ゴルフ上達法」もヨロシクで~す。

 

たまには、違う理論も勉強して、そして、良いところは取り入れたいですね。
お時間がございましたら、見てみて下さいね~

ゴルフ練習場で90を切る 3 コースで役立つ実戦レッスン (ゴルフ練習場で 90を切る 3) 新星出版社

記事が参考になったらランキングバナーのクリックで応援お願い致します。励みになります。



スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 「見えない糸」の距離が変わらなければ、軸(背骨)はブレません。
  2. 身体(胸面)が飛球線後方を向いている時(両肩が飛球線ラインと直角の時)に右サイド…
  3. 前倒しのタイミングの取り方について。 左手の小指と薬指が鍵かな・・・・・・
  4. 左腕の小指薬指側の筋肉にテンションが掛かりますので、そのテンションが掛かったよう…
  5. 「謙虚に謙虚に」 それが一番です。

関連記事

  1. seonpapaのゴルフ動画

    ゴルフ三拍子

    調子が悪い時って、どんな方にもあると思います。それこそ、超一流…

  2. seonpapaのゴルフ動画

    メンタルって難しいですよね・・・

    <読者より>seonpapaさんこんにちは。お世話になります。…

  3. seonpapaのゴルフ動画

    何故、軸が崩れてしまうのか、それはボールを見てしまうからです。

    <読者より>はじめまして、私はゴルフをはじめて1年半の初心者です。…

  4. seonpapaのゴルフ動画

    身体の横回転を足していきながら、調整するのです。

    <読者より>動画大変参考になります。私は68歳になります。…

  5. seonpapaのゴルフ動画

    一番大切なのは「インパクトまでのクウォーター部分」である。

    <読者より>こんにちは いつも動画楽しく拝見させていただいてます。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近のコメント

    ブログランキング

    1. seonpapaのゴルフ動画

      「100切りゴルフ」後編
    2. seonpapaのゴルフ動画

      「100切りゴルフ」前篇
    3. seonpapaのゴルフ動画

      「謙虚に謙虚に」 それが一番です。
    4. 嬉しいコメント

      左腕の小指薬指側の筋肉にテンションが掛かりますので、そのテンションが掛かったよう…
    5. seonpapaのゴルフ動画

      何故、飛ばそうという意識がいけないのか・・・
    PAGE TOP