seonpapaのゴルフ動画

テークバックで意識することは、トップから直ぐに左腕の外旋をさせることが、し易いように上げています。

<読者より>
Seonpapa様 動画、興味深く拝見しました。

当方も50代で一念発起して、一からスイングを見直しています。

前倒し(左腕の外旋)のタイミングですが、テークバックを真っ直ぐあげるとどうしても切り返しのタイミングが難しくありませんか?

現在当方は、テークバックを真っ直ぐではなくて、若干アウトサイドにあげて、その後ループさせ外旋させつつプレーンに戻すというやり方を実践しています。
言葉にすると上手く説明できていないかもしれませんが、自分で動画サイトは作っていないので、申し訳ありません。

余計なことだったかもしれませんが、seonpapa様の真摯な姿勢を拝見して、メールせずにはいられませんでした。
これからも動画、楽しみにしております。

 

<私より>
こんばんは。
返信遅くなりましてすいませんでした。
また、見て頂いて恐縮です。

そうですか、一から見直されているんですね。
50代からですと、体力的に、かなり辛い時もありますが、好きなゴルフでしたら、なんのそのって感じになりますので、頑張って下さいね(笑顔)

さて、ご質問の件ですが、貴殿は、テークバックをアウトサイドに上げられるという感じなのですか。

それでは、昔の杉原輝雄プロのようですね。(笑顔)

スポンサーリンク

私は、あの方が大好きでした。
あだ名が「マムシの杉原」と言われていた所以が良く分かりますが、食いついたら離さないし、本当に凄い執念の方でしたね。

息子さんもプロですが、その息子さんが、まだ、若かりし頃に、杉原プロから「もっとアウトサイドに上げろ~」って、怒られながら言われていたのを思い出します。

そうですね。
私の場合ですが、バックスイングに関しましては、それこそ、若い時から、色々な方々にアドバイスを頂きましたが、考えれば考えるほど、グチャグチャになってしまって、ドツボにはまったことがあります(大笑)

試行錯誤どころではなかったです・・・・・・。

バックスイングでそうでしたから、他の部分のことも、本当に分からずじまいでした。

それでも、なんとなく熟せていたんですが、良かったり悪かったりの繰り返しを長~い間していました。

そして、そんな時に、桑田プロの動画に出会えたんです。

スポンサーリンク

その時は、眼から鱗でした。
始めは嘘くさいと思っていましたが、練習に行って、なんとなく取り入れはじめていくうちに、段々と言いますか、本当に少しずつですが、変わってきたんです。

そして、いつの間にか、他の事もそうですが、バックスイングについても、あまり深く考えないようになりました。
と言いますのは、正直、まだ、完全には把握し切れていませんが、私の場合、バックスイング~トップまでの流れの中で、「何を意識している」かといいますと、トップから直ぐに、左腕の外旋動作(左腕の前腕だけを使う感じ)を如何にしたらできるかということを意識しながら上げているように思います。

要は、テークバックをしながら、「トップから直ぐに左腕の外旋をさせることが,し易いように上げている」というイメージなんです。
なので、私は私なりに、私の低身長に合わせたバックスイングをしているのかなと思っています。

スポンサーリンク

これが良いのか悪いのかは分かりませんが、今のところ、結果が良いので良しとしています(笑顔)
そんな感じです。

ではでは、お互い頑張りましょうね~(笑顔)

追 伸:バックスイングは、弓道でいえば、弓を引く感じですが、勢いよくは引きませんよね。
勢いをつけて引いても何の意味もありませんし、単にブレるだけだと思います。

そしてそれは、ゴルフの場合も同じではないのかなと、いつも思っています。
なので、体型に合わせ、固定される部位と動作する部位を明確にして、ゆっくりと弓を引くようにバックスイングできたら良いなと思っています。

バックスイングの段階でリズムが速すぎますと、トップでのタイミングの感覚が分からなくなってしまいます。

また、言葉で表現しますと誤解があるかもしれませんが、トップで一度、止まるような感覚といいますか、そんな感覚も一瞬ですがあるのですね。

まあ、何が良いのかは、ご自身に合ったリズムとタイミング、それを見つけ出すのが練習なんだと思います。

ではでは~(笑顔)

「ブログランキング:ゴルフ部門」なんとか頑張っていま~す。 宜しくお願い致します。

記事が参考になったらランキングバナーのクリックで応援お願い致します。励みになります。



スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 前倒しのタイミングの取り方について。 左手の小指と薬指が鍵かな・・・・・・
  2. 「謙虚に謙虚に」 それが一番です。
  3. 身体(胸面)が飛球線後方を向いている時(両肩が飛球線ラインと直角の時)に右サイド…
  4. 左腕の小指薬指側の筋肉にテンションが掛かりますので、そのテンションが掛かったよう…

関連記事

  1. seonpapaのゴルフ動画

    小さくコンパクトなスイング

    <読者より>お久しぶりです!!!senopapaさんの 好…

  2. seonpapaのゴルフ動画

    アームローテーション 今年は試してみて下さいね~

    あけましておめでとうございます。皆さまはどのようなお正月を過ご…

  3. seonpapaのゴルフ動画

    ヘッドを左サイド方向に打ちなさい。

    <読者より>毎回拝見しています。前倒しでのスイング軌道はイ…

  4. seonpapaのゴルフ動画

    身体を動かさないイメージの方が良いかもしれません。

    <読者より>動画ありがとうございます。色んなレッスンプロの動画…

  5. seonpapaのゴルフ動画

    「前倒しの仕方について」 100切りを目指して下さいね~

    こんにちは。新年は良いスタートが切れましたか~(笑顔)さて…

  6. seonpapaのゴルフ動画

    やはり、トップから直ぐに前倒しをするのが一番みたいです。

    昨日の続き(昨日の方から)<読者より>こんばんは!また…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近のコメント

    ブログランキング

    1. seonpapaのゴルフ動画

      「100切りゴルフ」前篇
    2. seonpapaのゴルフ動画

      「謙虚に謙虚に」 それが一番です。
    3. seonpapaのゴルフ動画

      左腕の外旋反復練習の重要性について
    4. seonpapaのゴルフ動画

      何故、飛ばそうという意識がいけないのか・・・
    5. 嬉しいコメント

      左腕の小指薬指側の筋肉にテンションが掛かりますので、そのテンションが掛かったよう…
    PAGE TOP