写真/動画アルバム

ベストスコア更新の90

おはようございます。(笑顔)
皆様、今日も一日頑張りましょうね~

さて、ご報告ですが、後輩のMOZU君今年5回目(ゴルフを始めて17回目)のコースにて、ベストスコア更新の90でホールアウトしてきました~


バンザイ~ バンザイ~

彼は、ゴルフを始めて、ちょうど2年になりますが、私との縁は、今年の春ごろに、いつもの練習場でたまたま隣の場所になり「いつも見てます。」と声を掛けて頂いたのがご縁です。

そんな関係で、一緒に練習するようになりました。

知り合った頃は、それこそ、右にふける球が多かったのですが、今では、右にふける弾道はありません。
本当に良くなりました(笑顔)

まだ、20代の若者ですが、しっかりされた方です。
私とは30歳以上の差がありますが、話をしてますと、とても頼りになります。

スポンサーリンク

そうそう、このブログというものを教えてくれたのも彼です(笑顔)
そして今では、このブログが新たな趣味の一環になりました。
ありがとうね~(笑)

尚、何故、今回、良かったかと言いますと、彼曰く「得意技はアプローチでのシャンク」なんですが、この日は1日通してシャンク0だったそうです。
また、1日通して良かったのが、2打目以降のアイアンショットだったようです。

MOZU君のブログより。

今回が初めてと言っていいくらい、練習場と同じイメージでアイアンとウェッジを振ることが出来たと思います。

いつもコースに出ると、アイアンのスイングがわからなくなることが多く、
「どうやって振ってたっけ?」みたいなことになるんですが、今回は本当にいつも通り振ることができました。

今回何をしていたのかというと、「ボールを見ないこと」を毎回徹底して意識したのが大きいと思います。

練習場でも他の課題を考えてると、いつのまにか「ボールを見てないようで意識してる」状態になることがあるんですが、今までのコースではこの状態が顕著だったはずです。

だから無意識にボールに当てに行って、身体が突っ込み、いつも通りのスイングが出来ない!ってなってたんだと思います。

ここ最近の練習で、徹底して「ボールの手前の地面と左目の距離感を最初から最後まで測り続けて変えない」というのを意識してやっていたのがよかったのだと思います。

「軸を崩さない。左目と地面との距離感を変えない」

スポンサーリンク

これがコースで出来ただけでも、今回は大きな収穫になりました。

そのおかげて、まともにアドレス出来たアイアンショットではミスショットが無かったです。

 

ということでした。

しかし、本当にこのクォーター理論は凄いと思います。

桑田さん、ありがとうございます。
桑田さんの教えがなかったら、ゴルフをやめていたかもしれません。

でも、今は、この理論があるから、まだまだ、頑張れるし、まだまだ、楽しめると改めて感じました。

スポンサーリンク

MOZU君へ。

大丈夫大丈夫。

もうすぐ80台ですよ~(笑顔)

言えることはただ一つ 「練習は嘘をつきません。」

そして、何事も「原因があって結果」ですから。

それを肝に銘じて頑張りましょう(笑顔)

ではでは~

「ブログランキング:ゴルフ部門」なんとか頑張っていま~す。 宜しくお願い致します。

記事が参考になったらランキングバナーのクリックで応援お願い致します。励みになります。



スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 「謙虚に謙虚に」 それが一番です。
  2. 左腕の小指薬指側の筋肉にテンションが掛かりますので、そのテンションが掛かったよう…
  3. 身体(胸面)が飛球線後方を向いている時(両肩が飛球線ラインと直角の時)に右サイド…
  4. 前倒しのタイミングの取り方について。 左手の小指と薬指が鍵かな・・・・・・

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近のコメント

    ブログランキング

    1. seonpapaのゴルフ動画

      「100切りゴルフ」後編
    2. seonpapaのゴルフ動画

      左腕の外旋反復練習の重要性について
    3. seonpapaのゴルフ動画

      「100切りゴルフ」前篇
    4. seonpapaのゴルフ動画

      何故、飛ばそうという意識がいけないのか・・・
    5. 嬉しいコメント

      左腕の小指薬指側の筋肉にテンションが掛かりますので、そのテンションが掛かったよう…
    PAGE TOP