皆様からの「真実の報告」

理想のインパクトイメージとは。

<読者より>
パパさんこんにちわ!(^O^)

パパさんに憧れてミズノのMPアイアン買おうか迷ってます(・∀・)

今回また新たな情報を得たのでご報告します。

題して・・・

「桑田流、、SEONPAPA流、、WGSL流、、、前倒し!何が違って何が同じ!?」です。

WGSLは詳しいスイング解説は有料レッスン動画でしか公開していないので、わたくし実際に購入してみました。

あと桑田流とSEONPAPA流を分けさせていただいているのは、パパさんの説明が桑田プロが述べていない内容を含んでいたり、パパさんご自身が「桑田さんに直接習ったわけではないので、、、」と言われているためです。

「桑田流前倒し」
アームローテーション、よーいどんでひっくり返す、トップからいきなり右手が上にくる、ハンドバック→ズレてプロのようなハンドファーストインパクト

「SEONPAPA流前倒し」
トップから1ミリもスイングプレーンに沿って引くことなく左腕外旋で自然に降りてきて(リリースという感覚無し)、左手の甲が自分の方を向くインパクトイメージ

「WGSL流前倒し」
まずWGSLの言う前倒しとは、「トップで、重力とクラブの重さで自然に寝てしまうクラブを左手の外旋を少し加えて、ダウンの開始で少しだけ起こしてあげる」このわずかなアクションを前倒しと彼らは呼んでいます。
そこからWGSLでは猛烈に右サイドでリリース動作をして完全にフェースが返った状態でインパクトイメージ→ズレて正面インパクト

肝心の桑田さんの前倒しですが、できれば桑田さんに直にレッスンを受けた人から、桑田さんが前倒しについてどんな風に教えているか聞きたいところです。


しかしこうして見てみるとやはり「前倒し」という言葉を元に色々なやり方があることがわかりますし、専門ゴルフ用語ではない以上、他の人の前倒しを指差して「それは前倒しじゃない!」などと言う権利は誰にもないと思います。

細かなイメージの話しになりますと、それぞれ色々自分の中のイメージがあると思うのですが、ぼくが一番興味深いのは桑田流、SEONPAPA流、WGSL流、いずれもインパクトイメージは「完全にフェースが返ってる状態でインパクト」のイメージで、それがズレてちょうど正面インパクトになるというポイントです。

桑田流→ハンドバック

SEONPAPA流→左手甲が自分の方を向く

WGSL流→ひっくり返す

ぼくはそれぞれの「違う部分」よりも、この「共通している部分」こそが重要ポイントだと思っています。

ちなみに例の三觜喜一プロもインパクトイメージを聞かれて、、、

「裏拳イメージです!!」と答えていました。

これだけ主張の違う各人がインパクト時の脳内イメージに関しては非常に似通ったことを言っているということは、そういう部分こそ我々アマチュアが注意を注ぐべき部分だとぼくは思いました。

最初の頃パパさんの「左手の甲が自分の方を向いてインパクトのイメージ」というのを聞いた時、「えー!?そんなにズレる!?」と思っていましたが 笑

今ではそれが本当に理想のインパクトイメージなんだと確信しています。

 

<私より>
こんばんは。
いつもありがとうございます。
本当に勉強になることを教えて頂きまして感謝感謝で~す(笑顔)

ミズノMPアイアンを買うのですか~

私、買い換えた時、以前の物とライ角が違っていたので、初めは戸惑いましたが、今は慣れましたので、いい感じです。
とにかく、何が違うかと言いますと、本当に飛距離が違いました。

以前のクラブがダメだったのかは分かりませんが、何十年と使っていましたから、ダメだと思ったことはありませんが、MPは本当に飛距離が伸びました。
まあ、「MPが良いんだ」と言った方がいいのか、それとも最新のクラブはどれも飛距離が違うのかは分かりませんが、とにかく良かったです。
でも、ちゃんと試打した方が良いですよ~

いや~ 今回のテーマはかなり深い内容ですね(笑顔)

私はこれほど考えたことも無かったですが、「前倒し」に関しては、色々な表現があるのですね。

WGSLって、以前、ある方からもコメントを頂いて、何度か見させて頂きましたが、お若い方々が熱心にやられていて驚きましたし、本当に凄い弾道でした。
私のようなジジイには、とても真似ができないと思いました(笑)

そうなんです。
私は、桑田プロにお会いしたことがありませんので、あくまで動画だけで勉強していますが、桑田プロの言わんとしていることが出来ているのかは、正直、分かりません・・・・・・。

それでも、「結果が良ければそれでよし」的な感じで、勝手に解釈しています。

なので、桑田プロの前倒しと比較されてしまいますと、それこそ・・・・・です。

そうそう、まさにですが、貴殿の言われるように、桑田流、WGSL流、私なりのやり方のいずれもインパクトイメージは「完全にフェースが返ってる状態でインパクト」のイメージで、それがズレてちょうど正面インパクトになるというポイントでしょうね。

しかし、まあ、表現の違いはあるにせよ、このイメージは本当に良いイメージなんですね。

貴殿の言われるように、まさに重要ポイントです(笑顔)

なので、ボールにフェースを正対させるようにヒットさせるというイメージは無くしてこそ、理想のインパクトイメージになるのかなと思います。

今回も良いことを教えて頂き、本当にありがとうございました。
ではでは、お互い頑張りましょうね~(笑顔)


初心者の方やなかなか100切りが出来ない方、そして高齢者の皆様へ

一度で良いので、騙されたと思って「クウォーター理論」を始めてみませんか~

もしお時間がございましたら、以下も見て下さい。
ゴルフ向上には身体のメンテナンスも大切です。
どうぞ、施術方法をお二人で体験して覚えて下さい。

「ボディメンテナンス講習」
そうそう、一番良いのは、仲の良いプレイヤー同士での参加です。
機会がありましたら、是非、体験してみて下さいね(笑顔)

 


この度、アベレージゴルファーの応援企画と致しまして、「ゴルフ異聞録」を開設致しました。
ご興味のある方は、是非、ご参加下さい。
応援致します。

「ブログランキング:ゴルフ部門」なんとか頑張っていま~す。 宜しくお願い致します。

「ゴルフ上達法」もヨロシクで~す。

記事が参考になったらランキングバナーのクリックで応援お願い致します。励みになります。



スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 左腕の小指薬指側の筋肉にテンションが掛かりますので、そのテンションが掛かったよう…
  2. 前倒しのタイミングの取り方について。 左手の小指と薬指が鍵かな・・・・・・
  3. 「見えない糸」の距離が変わらなければ、軸(背骨)はブレません。
  4. これが本当にやりたかったスイングなのです。
  5. 「私の練習内容」 何かの参考になれば嬉しいです。

関連記事

  1. 皆様からの「真実の報告」

    私も最終的には、ボディーターンを目指しています。

    (読者より)seonpapaさまこんばんは。またまた報告で…

  2. 皆様からの「真実の報告」

    これで分かった前倒しの際の手首のイメージ

    <読者より>こんばんわ。以前の私のコメントを載せて頂き有り…

  3. 皆様からの「真実の報告」

    右サイドでの処理動作をするのが第一条件なのです。

    <読者Mさんより> 3月21日の続きこんばんは。1番アイア…

  4. 皆様からの「真実の報告」

    念願の70台(39・38の77)で回ることができました。

    <読者より>seonpapaさん、こんにちは。初め…

  5. 皆様からの「真実の報告」

    まさに、これが答えなのかなと思います。

    <読者より>パパさん寒い日が続いていますがお元気でしょうか?( ´…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近のコメント

    1. 嬉しいコメント

      左腕の小指薬指側の筋肉にテンションが掛かりますので、そのテンションが掛かったよう…
    2. ゴルフ雑記

      これが本当にやりたかったスイングなのです。
    3. seonpapaのゴルフ動画

      何故、飛ばそうという意識がいけないのか・・・
    4. 嬉しいコメント

      スイングの基本である大項目をやらずして、中項目や小項目ばかりをやるから続かないの…
    5. seonpapaのゴルフ動画

      「私の練習内容」 何かの参考になれば嬉しいです。
    PAGE TOP