seonpapaのゴルフ動画

「100切りゴルフ」前篇

何があっても幾つになっても100切りゴルフです。

ゴルフは若い方や健康な方だけのスポーツではありません。

年齢に関係なく高齢者の方や女性や非力な方々も参加できるスポーツです。

体力がある方、そうでない方も楽しくやりたいものです。

勿論、スコアを気にせず和気あいあいとやるのも楽しいですが、やはり、スコアが良ければ、もっと楽しい筈です。

そして、スコアアップだけを目的とするならば、疲れても、また身体が動かなくなってもスムーズに振れる得意となるスイングを練習しておくことも大切なことです。

スポンサーリンク

その為には、初心者の方や、なかなか100切りが出来ない方は、この意識を持つことが大切です。

それは手打ちスイングです。

この手打ちスイングを練習すればスイングが向上しますし、短期間でスコアがアップします。

そして、それには、先ず、意識改革をしましょう。

いえることは、コースで大事なことは飛距離ではありません。

プロや競技プレイヤーやシングルプレイヤーならともかく、私達のようなアベレージゴルファーなら、間違いなく方向性の向上を重視するべきです。

如何にターゲットラインに対してスクエアに出せるかが大切なんです。

そして、御自身の手打ちスイングの飛距離を知っておくことです。

再度、言います。
フィニッシュのいらないスイングです。

その為の手段として、フィニッシュを取らない練習をするのです。

ある意味、邪道かもしれませんが、それでもいいと思っています。

そうでないと、初心者や経験数の浅い方、身体を無理できない高齢者の方や女性のように非力な方は、18ホール、全て同じようにスイングで回れません。

また、午前と午後では身体の柔軟性が違ってきます。
そして、シーズンによっても全く違ってきます。

普段から足腰を鍛えている方ならともかく、私達のような素人なら、それが顕著に現れます。

特に、足腰に疲れが出てしまう上がりの数ホールや昼食後のように、一度、身体を休めてしまったら、柔軟性が無くなり、練習場でできている身体を使ったスイングができなくなります。

スイングはクラブの縦回転と身体の横回転がタイミングよくインパクトを迎えて、はじめて良い結果になりますが、それが出来なくなります。

足腰が思うように動かなくなり、身体の横回転が上手く出来なくなって、クラブの縦回転だけが先行してしまうんです。

スポンサーリンク

単に身体を開かないクラブの縦回転だけなら良いのですが、飛距離を出そうとして、おもいっきりスイングして、身体が先に開き、腕だけが先行したり、また、右から左への過度に体重移動をした為に、クラブの最下点が右から左にズレてしまったりします。

また、良いスイングをしようと身体の横回転をしますが、疲れてしまって姿勢の維持ができずに、軸となる背骨が、ひらがなの「くの字」のように折れ曲がり、右肩が下がってダブりや引っ掛けが出たり、また、それを修正しようとして、トップしたり、単に当てにいきフェースが開いて、スライスやシャンクが出たりもします。

また、ゴルフで一番大切なのはリズムですが、疲れがたまったり、柔軟性がなくなってきますと、それが出来なくなります。

練習場で出来ているスイング、リズムのあるスイングが出来なくなるのです。

練習場では身体を同じように回転させて打つ練習を何度も繰り返して行うので、良い弾道も出ますが、コースではその度毎に違いますので、それが出来ないんです。

ましてや、一度、休んでしまったらなおさらです。

なので、おかしくなったなと感じましたら、練習場と同じ身体を使ったスイングはしないようにして下さい。

単にクラブを上げて、トップから直ぐ左手の腕の外旋をするだけのスイングをするのです。

傾斜に合わせてスタンスを取り、そのスタンスの軸となる背骨を真っ直ぐにしてアドレスしますが、スイングはボールに対してではなく、アドレス(真っ直ぐになっている背骨)に対してスイングするのです。

それも、飛ばそうという意識は抑えて、単にスイングリズムを考えて行うのです。

それも身体の横回転を抑えた手打ちスイングです。

おかしくなったなと感じましたら、それを行って下さい。

だから、練習場で、この練習をしておくのです。

フィニッシュを取らないスイングです。

インパクトまで飛球線ラインより右肩が出ない手打ちスイングです。

それをマスターしておくのです。

それが出来るか出来ないかに掛かってきます。

これができるようになったら、80台も夢ではありません。

そして、パターとアプローチを極め、練習を重ねて夢の70台を目指しましょう。

追 伸
ドライバーで300ヤードも1打ですが、50センチのパターも1打です。
ゴルフは奥が深いです・・・・・(笑顔)

後編(明日)に続く・・・

ではでは、お互い頑張りましょうね~(笑顔)

スポンサーリンク


この度、アベレージゴルファーの応援企画と致しまして、「ゴルフ異聞録」を開設致しました。
ご興味のある方は、是非、ご参加下さい。
応援致します。

「ゴルフ上達法」もヨロシクで~す。

「ブログランキング:ゴルフ部門」なんとか頑張っていま~す。

たまには、違う理論も勉強して、そして、良いところは取り入れたいですね。
お時間がございましたら、見てみて下さいね~

アンビリバボーのパット術 (ゴルフダイジェスト文庫)  ゴルフダイジェスト社


記事が参考になったらランキングバナーのクリックで応援お願い致します。励みになります。



スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 「見えない糸」の距離が変わらなければ、軸(背骨)はブレません。
  2. 前倒しのタイミングの取り方について。 左手の小指と薬指が鍵かな・・・・・・
  3. 「謙虚に謙虚に」 それが一番です。
  4. 左腕の小指薬指側の筋肉にテンションが掛かりますので、そのテンションが掛かったよう…
  5. 身体(胸面)が飛球線後方を向いている時(両肩が飛球線ラインと直角の時)に右サイド…

関連記事

  1. seonpapaのゴルフ動画

    やはり、トップから直ぐに前倒しをするのが一番みたいです。

    昨日の続き(昨日の方から)<読者より>こんばんは!また…

  2. seonpapaのゴルフ動画

    インパクト時の身体の向きは飛球線ラインと並行で迎えることが大切なんです。

    <読者より>お疲れ様です!動画を私は、何回何百回もみてます…

  3. seonpapaのゴルフ動画

    トップで止めてからやってみるのも、ある意味面白い練習になりますよ。

    <読者より>50歳の若造です。クォーター理論に出会って万年…

  4. seonpapaのゴルフ動画

    「絶対ヘッドを落とさない」の意味とは。

    <読者より>papaさん、こんにちは。以前コメント欄でやり取り…

  5. seonpapaのゴルフ動画

    アイアンのインパクトイメージ

    <読者より>papa様初めてコメント失礼します。いつも動画を楽…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近のコメント

    ブログランキング

    1. seonpapaのゴルフ動画

      何故、飛ばそうという意識がいけないのか・・・
    2. seonpapaのゴルフ動画

      「100切りゴルフ」後編
    3. 嬉しいコメント

      左腕の小指薬指側の筋肉にテンションが掛かりますので、そのテンションが掛かったよう…
    4. seonpapaのゴルフ動画

      左腕の外旋反復練習の重要性について
    5. seonpapaのゴルフ動画

      「謙虚に謙虚に」 それが一番です。
    PAGE TOP