ご質問に対する回答

例えばですが、先が細く多少長い竹を振る時ってどのようにされますか?

<読者より>
papaさんお久しぶりです。
また、アドバイス頂けませんでしょうか?

アイアンはヘッドの重みを利用し何とかクォーター理論の打ち方で6番アイアンまで平均通りの飛距離を出せるまで成長したのですが、ウッド系やドライバーが未だに安定致しません。

と言うのもアイアンと違ってヘッドの重さを感じないので「パシッと外旋」するイメージが沸きにくいのです。

「軽すぎてアイアンと同じ感覚で振るとヘッドが変な方向を向くんじゃないか」とか思ってしまいます。

後、アイアンと違い長いのもなんだか自分にとって振りづらさを感じます。

これらを克服する良い方法はございますでしょうか?
ご教授お願いいたします。

グリーンが読める!ゴルフ用レーザー距離計 キャディトーク 高低差・推薦距離表示 打つべき距離を自動計測 ゴルフスコープ
プレーヤーに合わせ、高低差をふまえた“打つべき距離”を自動算出。
正確な高低差を計測する為、プレーヤーの目線の高さを設定し、また正確な推薦距離を算出する為に、プレーヤーの7番アイアン飛距離を設定。
全米女子LPGAプロの飛距離・ボール初期弾道・ボールスピードデータを元に独自のアルゴリズム解析で的確な推薦距離(マジックスロープ機能)を表示。
グリーンモード・フェアウェイモード搭載で高低差が自動計算された推薦距離を即座に表示。
また、ピンファインダーモード(ポイントの中から最も近いターゲットの距離だけを表示)・
スキャンモード(スキャンしたポイント別の距離を連続で表示)搭載。

<私より>
こんばんは。
いつもコメントありがとうございます。

はい、私のような素人ジジイで良ければいつでもご質問下さいね~(笑顔)

さて、ゴルフに関してですが、前倒しをされて、6番アイアンまで熟せるようになられたということは、もう、他のアイアンも問題ないかなと思いますね~(笑顔)

だって、前倒しの位置は殆ど変わりませんし、後は飛ばそうという意識を無くして、それこそ、トップから直ぐに前倒しをする際には、極端なくらい、身体を動かさないと言いますか、そういう意識でスイングされれば問題なく良い弾道になる筈ですから(笑顔)

この極端なくらい身体を動かさないといっても、必ず自然に動きます。
まあ、この自然に動く動きが良いのですが。

ただ、番手を変えてシャフトが長くなって、飛ばそうという意識が働きますと、途端に身体を動かし過ぎてしまいます。
これは自然な反射的なことなので致し方のないことだと思いますが、長くなればなるほど軸(背骨)を動かさない意識が重要になってくるのです。

ショートアイアンなら、多少、軸(背骨)が動いても、また、スイングプレーンに沿って左腕を引いてしまっても何とかこなせますが、長くなってきますとそれが難しくなってしまいます。

それは、シャフトが短いしヘッドが重たいので、インパクトの寸前にフェースを返しやすいからですが、長くなればなるほど、それが難しくなってしまいます。

なので、ロングアイアンやドライバーのように長くなってきますと、どうしてもスイングというより当てに行ってしまうような感じになりかねません。

ではどうしたら良いのかと言いますと、シャフトが長いしヘッドの重みを感じにくいのですから、重みを感じやすくするようにスイングするしかないのです。

そんな事は分かっているでしょうが、それが難しいということは、もしかしたら、トップの位置から直ぐに、本当に直ぐに左腕の外旋動作をされていないのかもしれません。

スポンサーリンク


例えばですが、先が細く多少長い竹を振る時ってどのようにされますか?
竹自体は軽いですし、先端は細いのですが、その先の細い竹を両手でしっかり握ってから、ちゃんとアドレスして、そして、バックスインをしてからダウンスイングをしたらどのようなスイングになりますか?

先端をビューって振れますか?
もし、先端をビューって振ろうとしたらどのようなスイングをしたら良いでしょうか?

間違いなく、トップからスイングプレーンに沿って左腕を引いてしまうようなスイングですと、ビューとは振れませんよね。

トップにあるヘッドと同じような感じ(移動する長さ)でグリップをスイングプレーンに沿って引くように動かしてしまったら、ヘッドスピードは出ませんよね。

どこかの位置で手元(グリップ)が止まっていれば、先端は走るようにビューとなります。
なので、手元を動かし過ぎますと先端のヘッドに対して遠心力を働かせることができなくなるのです。

そしてそして、シャフトが長いほど遠心力を働かせやすくなるのです。

ということは、答えは出ますよね。

そうです。
前倒しをし易い位置が自分にとっての一番良いトップの位置ですから、その位置のままで直ぐに左腕の外旋動作をするしかないのです。

スポンサーリンク

それも左腕1本でやるようなイメージでやってみるのです。
勿論、両手でしっかり握ってはいますが、右手が悪さをして、スイングスピードを殺しかねないようにしなければいけません。

支点(グリップ)を自分で引きませんように。
左腕の外旋動作をすることで下ろされるのが正解です(笑顔)

そんな感じです。
ではでは、お互い頑張りましょうね~(笑顔)

スポンサーリンク



この度、アベレージゴルファーの応援企画と致しまして、「ゴルフ異聞録」を開設致しました。
ご興味のある方は、是非、ご参加下さい。
応援致します。

「ブログランキング:ゴルフ部門」なんとか頑張っていま~す。 宜しくお願い致します。

「ゴルフ上達法」もヨロシクで~す。

たまには、違う理論も勉強して、そして、良いところは取り入れたいですね。
お時間がございましたら、見てみて下さいね~

アンビリバボーのパット術 (ゴルフダイジェスト文庫) ゴルフダイジェスト社

記事が参考になったらランキングバナーのクリックで応援お願い致します。励みになります。



スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 「謙虚に謙虚に」 それが一番です。
  2. 前倒しのタイミングの取り方について。 左手の小指と薬指が鍵かな・・・・・・
  3. 左腕の小指薬指側の筋肉にテンションが掛かりますので、そのテンションが掛かったよう…
  4. 身体(胸面)が飛球線後方を向いている時(両肩が飛球線ラインと直角の時)に右サイド…

関連記事

  1. ご質問に対する回答

    マシーンのように同じ動作を繰り返すことができるようなイメージ

    5月2日の続き(読者より)何とご丁寧なお返事大変恐縮です。…

  2. ご質問に対する回答

    読者の方の動画を見させて頂きました。皆さんも見せて下さいね~

    <読者より>初めまして。 今日初めて動画を拝見させていただきま…

  3. ご質問に対する回答

    極論を言いますと、「気を付け」の姿勢は・・・・

    ちょっとしたご質問ですが、ご紹介(一部省略)させて頂きます。 こう…

  4. seonpapaのゴルフ動画

    ボールに対するイメージは、蓋をするようなイメージなんです。

    <読者より>いつも参考にさせて頂いてます。前倒しについてわから…

  5. ご質問に対する回答

    「保険」としてのスイング

    <読者より>はじめまして。いつもぱぱさんのナイスショットで勉強…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近のコメント

    ブログランキング

    1. seonpapaのゴルフ動画

      「100切りゴルフ」後編
    2. seonpapaのゴルフ動画

      左腕の外旋反復練習の重要性について
    3. 嬉しいコメント

      左腕の小指薬指側の筋肉にテンションが掛かりますので、そのテンションが掛かったよう…
    4. seonpapaのゴルフ動画

      「謙虚に謙虚に」 それが一番です。
    5. seonpapaのゴルフ動画

      何故、飛ばそうという意識がいけないのか・・・
    PAGE TOP