seonpapaのゴルフ動画

右肩が下がりやすくなってしまう原因について。

トップから腕を振らずに直ぐに左腕の外旋をしますと右肩は下がりませんが、スイングプレーンに沿って左腕を引く動作をしようとしますと、右肩が下がりやすくなってしまいます。

そして、腕を振らないと常に身体の正面から腕が外れず、また、手でコントロールしないので、遠心力に伴う安定した弾道になります。

なので、軽い感じでスイングしても、かなり良い感じのヒット感があるのです。

しかし、これがなかなか信じられないのです。

でも、これを信じてやっていくことで、結果が表れてくるのです。

スポンサーリンク

そして、腕を引いたり振ったりするのではなく、逆を言えば、腕を振らなければ良いのです。

トップから直ぐに左腕の外旋をすれば良いのです。

スポンサーリンク

そうなれば、軽く振ってもヒット感のある良い弾道になるということなんですね。

このトップから直ぐに、その位置のままで左腕の外旋動作を行うことで、自然な身体動作が連動されるのです。

しかし、練習場で10球打って8球良い当たりになっても、実際のコースで難しいのは何故でしょうか・・・・・・(冷や汗&笑)

そんな訳ですが、精進精進、練習あるのみです(笑顔)

ではでは。

この度、アベレージゴルファーの応援企画と致しまして、「ゴルフ異聞録」を開設致しました。
ご興味のある方は、是非、ご参加下さい。
共に頑張りましょう。
応援致します。

スポンサーリンク

「ブログランキング:ゴルフ部門」なんとか頑張っていま~す。 宜しくお願い致します。

しかし、桑田泉 クウォーター理論 恐るべしです。
お時間がございましたら、見てみて下さいね~

練習場で確実にうまくなる! 世界最速のゴルフ上達法 クォーター理論 日本文芸社

記事が参考になったらランキングバナーのクリックで応援お願い致します。励みになります。



スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 前倒しのタイミングの取り方について。 左手の小指と薬指が鍵かな・・・・・・
  2. 「謙虚に謙虚に」 それが一番です。
  3. 身体(胸面)が飛球線後方を向いている時(両肩が飛球線ラインと直角の時)に右サイド…
  4. 「見えない糸」の距離が変わらなければ、軸(背骨)はブレません。
  5. 左腕の小指薬指側の筋肉にテンションが掛かりますので、そのテンションが掛かったよう…

関連記事

  1. seonpapaのゴルフ動画

    ヘッドを左サイド方向に打ちなさい。

    <読者より>毎回拝見しています。前倒しでのスイング軌道はイ…

  2. seonpapaのゴルフ動画

    何故、飛ばそうという意識がいけないのか・・・

    ゴルフは本当に難しいですね。ティーショットだけなら良いんですが…

  3. seonpapaのゴルフ動画

    スイングにおけるトップからの順番としては・・・。

    スイングにおけるトップからの順番と致しましては、必ず「ヘッドが一番先」…

  4. seonpapaのゴルフ動画

    ゆっくりスイングって、とっても良い練習になるんです。

    <読者より>初めまして。真剣にゴルフを始めて一年も満たない初心…

  5. seonpapaのゴルフ動画

    クラブの最下点は股の真下位の感覚でいいのです。

    <読者より>私の場合、ダウンスイングで左の膝が左に流れるクセがあり…

  6. seonpapaのゴルフ動画

    「間違っても左」「悪くても左」 左右どちらにも行ってしまうというのは避けたいのです。

    今日は、ご質問を頂いた2名の方からのスコアの報告ですが、思い出すのは、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近のコメント

    ブログランキング

    1. seonpapaのゴルフ動画

      左腕の外旋反復練習の重要性について
    2. seonpapaのゴルフ動画

      「100切りゴルフ」後編
    3. 嬉しいコメント

      左腕の小指薬指側の筋肉にテンションが掛かりますので、そのテンションが掛かったよう…
    4. seonpapaのゴルフ動画

      「100切りゴルフ」前篇
    5. seonpapaのゴルフ動画

      「謙虚に謙虚に」 それが一番です。
    PAGE TOP