ご質問に対する回答

その動作を行う位置(幅)はトップから右腰の上部迄に完結させるのです。

4月27日コメントを頂いた方からの続きです。

(読者より)
papa様、ご多忙中での返信ありがとうございます。

ゴルフを始めたのが40過ぎてからですし、球技全般があまり得意ではないので、もともと少ない伸び代でどうやって少しでもマトモになることができるのか日々悩んでいます(大袈裟ですが。。笑)

さて、ご返信を頂く前に、本日、再度、youtubeで桑田プロの映像を観ました。
私見ですが、金子さんへのレッスンは中級者向け以上なのかなと改めて思いました。

私も、練習場であのドリルを行うと、ホレボレする弾道もありますが、下半身の使い方を間違えたり、下半身の動きにつられて右肩が下がったりすると、すぐに「ペシッ」とスライスする事もあり、やはりクォーター理論は難しいなのかな、と思うことが多々あります。

それより、雪野さんへのレッスンの「手打ち、足」やpapa様推奨の動きの方が私には合っていると思いました。

ただし、かねてからの悪癖である、右肩のツッコミによる引っ掛けが中々収まらず、少し苦労しております。

追加で恐縮ですが、アドバイスを頂けると幸いです。

ps.中傷に負けずがんばってください。

何度も申し訳ありません。

先ほどのメールでお伝え話しれたことがあります。
それは、「クラブを縦る」ことがとても重要だということです。

どうやって縦るのかが非常に難しく、バックスイングでの左手の使い方(シャット)や切り返しでの「前倒し」等々あり、このあたりもpapa様のお考え等を頂けると助かります。

追伸と言いながら、新たな?質問で申し訳ありません。

今更ながら、皆さま「Amazonプライムビデオ」という動画視聴サービスってご存知ですか?
実は私もCMで知ってはいましたが、こんなにも良いサービスだとは知りませんでした。

最近、契約をしましたが、本当に凄いです。
本当に、この「凄い」という表現がピッタリです(笑顔)

先ず、価格的にもそうですが、取り扱いされている動画の数がもの凄い数です。
このサービスは一般のご家庭にあるテレビでYouTubeも見れますし、それこそ、邦画や洋画、ニュースやテレビ番組(国内外のドラマ)やドキュメンタリー等、ありとあらゆるジャンルの動画を視聴することができます。

なので、一度、無料体験版で試されてみるのも良いかなと思います。


尚、このサービスには、幾つかの料金体系がありますが、一番お得かなと思うのが、Amazonプライム会員になることですが、年会費3,900円にて動画が見放題になります。

信じられます。年間で3,900円ですよ。
私は今まで、他の会社の動画視聴契約をしていましたが、月額で、このAmazonプライム年会費より高額でした。

そして、この会社の動画を視聴するには、機器やアンテナ等の設備費用も掛かりましたが、このAmazonプライムビデオは、Fire TV Stick(5センチ位の機器で5,000円位でした。:WiFiは必要)をテレビの裏側に繋ぐだけで完了なんです。


Fire TV Stick (New モデル)

そして、プライム会員が視聴できる作品数も昨年末時点で、35,000件(YouTube等は除いた数)もあるのですが、私はYouTubeが大好きですので、ゴルフ関係の動画等も大きな画面で見ていま~す(笑顔)

ではでは、皆様も一度ご検討あれ。

(私より)
こんばんは。
コメントありがとうございます。

そうですね。貴方が言われるように、桑田プロが金子さんに教えているあの動作は、初心者の方やなかなか100切りが出来ない方々、また、ある年代からゴルフを始められた方々には、ちょっと難しいのかもしれませんね。

何故なら、上半身の捻りを下半身を使って戻すという動作にプラスして、右サイドで「クラブを立てる」ことを同時に行うということは、動作が二つになる訳ですので、そのタイミングを掴むだけでも難しいでしょう。

正直な話、私も、毎回、安定性を持って出来るかといえば出来ないと思います。

なので、私は、一つの動作だけである「トップの位置から直ぐに左腕の外旋動作を行う」ことで、ヘッドに引っ張られるように右サイドに向いていた上半身を飛球線ラインに対して正面を向かせることの方が安定性を持って出来るのかなと感じています。

これなら一つの動作だけですので、軸(背骨)も保ちやすいし、左腕の動作をメインにできるので、右手を使うイメージもなく、右肩が下がったり、また右肩が前に出たりということが少なくなるので、身体が飛球線ラインと平行してインパクトを迎えやすくなるのだと思います。

なので、下半身は使わずに、また「クラブを立てる」というイメージを無くして、トップから直ぐに左腕を外旋させることだけをやってみて欲しいです。

これなら、棒立ちのようなスタンスでも出来ますし、上半身が右サイドを向いている時(絶対条件)に左腕の外旋を行うだけですから、より簡単に出来るかなと思います。

初めのうちは、それで良いかなと思います。
そして、それが段々、出来るようになってきたら、次の段階に行けば良いでしょう。

但し、本当は、S1~S3という段階を踏まなくてはいけないのかもしれませんが、皆さん、練習に費やすお時間もありませんでしょうし、それは追々ということにして、先ずはそれだけでも良いかもしれませんね~(笑顔)

ということですので、「クラブを立てる」というイメージより、「トップの位置から直ぐに左腕の外旋動作を行う」ということだけをやってみて下さい。

スポンサーリンク

尚、この動作に関するイメージは、私のブログに、同じように何度も記載しておりますが、バックスイングを行って、行き止まった位置から1ミリもスイングプレーンに沿って左腕を引くことなく、その位置から直ぐに左腕の外旋を行うのですが、その動作を行う位置(幅)はトップから右腰の上部迄に完結させるのです。

後の流れは惰性というか、自分で左腕を引かないのです。

要は、トップの位置から直ぐに左腕の外旋動作を行うには、そのトップの位置のままではできませんので、左腕を外旋させることで左腕が降ろされるという感じなのです。

何てご説明したら良いのか、言葉だけでお伝えするには限界がありまして、とにかく、ご自身で、ここがトップの位置という位置から、上半身が右サイドを向いている時に、直ぐに左腕の外旋動作をしてみて下さい。

いきなりは難しいかもしれませんが、棒立ちで上半身右サイドを向いている状態で左腕の動作だけを何度も何度もやってみるのです。そのうち、自分なりに、何となく掴めてきますので。そんな感じです。

スポンサーリンク

思うこと
何事もいきなりではなく、段階的にトライしていくことが大切だと痛感しています。
私も、桑田プロのクウォーター理論に出会う前のスイングの癖を直すのに、かなり悔しい思いを何度もしました。

何度も何度も諦めようかと思いました。
やはり、昔のようなスイングに戻した方が良いかなと思う時もありました。

でも、それでは、また元の木阿弥だと思い、それこそ、今までの真逆を極端にやりました。

何故なら、今までが違っていたのに、それを自分なりにやり熟していて、そして、それを単に自分なりに納得させていただけなので、良い時と悪い時があっても、反省することも無く、また研究することも無く、流されるように時間だけが過ぎ去ってきたのです。

だから、いつになっても変わりませんでした。
何十年もですよ・・・・・・

でも、今は、少しずつですが、以前とは変わってきましたので、皆様も信じてトライしてみて欲しいと思っています。
そんな訳ですので、お互い頑張りましょうね~(笑顔)

スポンサーリンク



この度、アベレージゴルファーの応援企画と致しまして、「ゴルフ異聞録」を開設致しました。
ご興味のある方は、是非、ご参加下さい。
応援致します。

「ブログランキング:ゴルフ部門」なんとか頑張っていま~す。 宜しくお願い致します。

「ゴルフ上達法」もヨロシクで~す。

たまには、違う理論も勉強して、そして、良いところは取り入れたいですね。
お時間がございましたら、見てみて下さいね~

もう迷わないゴルフスイング 腕の使い方が全てわかるDVD エンターブレイン

 

 

記事が参考になったらランキングバナーのクリックで応援お願い致します。励みになります。



スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 前倒しのタイミングの取り方について。 左手の小指と薬指が鍵かな・・・・・・
  2. 左腕の小指薬指側の筋肉にテンションが掛かりますので、そのテンションが掛かったよう…
  3. 「見えない糸」の距離が変わらなければ、軸(背骨)はブレません。
  4. 「謙虚に謙虚に」 それが一番です。
  5. 身体(胸面)が飛球線後方を向いている時(両肩が飛球線ラインと直角の時)に右サイド…

関連記事

  1. ご質問に対する回答

    ダウンスイングのコツ 始動の順番とは

    <読者より>今日は、以前帰省するときは温泉にゴルフの練習をするコメ…

  2. ご質問に対する回答

    100切りを目指されるのであれば、それこそ、横距離を間違えないことです。

    (読者より)立派です!偶然ここで貴様の映像に出会い始めて、非常…

  3. ご質問に対する回答

    中級者から上級者が陥りやすいメンタルなこと

    <読者より>こんばんは、スイングがまたまた崩れました\(//∇//…

  4. ご質問に対する回答

    4スタンス理論

    (読者より)毎日、動画を拝見させていただいています。これま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近のコメント

    ブログランキング

    1. 嬉しいコメント

      左腕の小指薬指側の筋肉にテンションが掛かりますので、そのテンションが掛かったよう…
    2. seonpapaのゴルフ動画

      何故、飛ばそうという意識がいけないのか・・・
    3. seonpapaのゴルフ動画

      「謙虚に謙虚に」 それが一番です。
    4. seonpapaのゴルフ動画

      「100切りゴルフ」後編
    5. seonpapaのゴルフ動画

      「100切りゴルフ」前篇
    PAGE TOP