ご質問に対する回答

貴殿のイメージするダブりとは全く違います。

<読者より>
YouTubeで発見して以来よけ拝見しています。
前倒しを一生懸命に練習中です。

昨日はコースで実践してみましたが、ドライバー、ウッド系、ユーティリティ系でよくダフってしまう状態でした。
ドライバーは何度もダフりテンプラで30ヤードなんてことも。

グリップも緩く握り、スイングも5割程度でと軽く振ろうという意識です。
どんなところに、前で押しを気を付けれはよいでしょうか?

練習場では床が滑るのでダフりでもうまくいってしまうので、実践でしか発見出来ませんでした。
ちなみにアイアンでは、そんな感じはしませんでした。
ダフりでもうすーいダフりだったのかもしれません。

スポンサーリンク


<私より>
こんにちは。
コメントありがとうございます。

また返信遅くなってすいませんです。
年末なので色々とありまして・・・・

さて、コメントを読まさして頂きましたが、ドライバーでダブって30ヤードとなりますと、かなり右側(右肩、右手)が悪さをしているかもしれません。
また、軸(背骨)もブレたり、折れたり(くの字)してしまっているのでしょうか、右肩が下がって下から上へというイメージでスイングされているかもしれませんね。

練習場ならダブっても滑るから大丈夫だけどコースならそれが出来ないというのではなく、思うに、かなりメンタルなことも関係しているかもしれません。

と言いますのは、コースの場合、自然な思いとして、良い球を打ちたいという意識が強くなってしまって、トップからのスイングとして、フェイス面をボールに当てに行くという意識が強いのでしょうか、右の手のひらとフェイス面のイメージが一緒になって、その右の手のひらで当てに行くような感じになってしまうのかもしれませんね。

「前倒し(左腕の外旋)」を意識される場合は、それこそ、極端に行う方がイメージしやすいのですが、トップからのイメージと致しましては、右手のイメージは無くして、身体が飛球線後方を向いている状態で左腕を外旋させて左手の甲でボールの直ぐ手前(ボールの真下でもOK)にソールを叩きつけるような感じ(フェイス面は閉じる)でスイングして欲しいのです。

ただ、貴殿の場合、これでは、またダブってしまうじゃないかと思われるかもしれませんが、貴殿のイメージするダブりとは全く違いますので、一度試してみて下さい。

要は、スイングに於けるヘッドの動きは、下から上ではなく、真逆の上から下へです。

スポンサーリンク

そして、その時に重要なのが、インパクトの瞬間には身体が開いていないということです。
なので、それを行う為に、バックスイングで身体(胸面)が飛球線後方を向いている時にトップから直ぐに行うのです。

すると、インパクトの時には、身体(胸面)が正面を向いている一瞬の時に迎えることができるのです。

これを信じるしかありませんが、このイメージは、たぶん、今までと本当に真逆だと思いますので、かなり違和感があるかもしれませんが、極端に真逆を行うことで、今までの右から左へのスエーや下から上へのヘッドの動きが改善されると思います。

そして、コースでは絶対にボールを見ないことです。

これは徹底的に意識して下さい。
ボールの手前の地面だけを見つめ続けて、バックスイングからダウンスイング、そして、インパクトを迎えるまで、何があってもボールは見ないことです。

勿論、ボールは眼に映ってはいますが、映っているだけで、見てはいけません。

あまり多くをお願いしても、いきなりは大変でしょうから、以上にさせて頂きますが、これを何度も何度も練習場で練習して欲しいのです。

私も何度も意識して練習していますが、それでも、コースでは出てしまうこともあります(笑)
そんな感じです。

では、お互い頑張りましょうね(笑顔)

スポンサーリンク



この度、アベレージゴルファーの応援企画と致しまして、「ゴルフ異聞録」を開設致しました。
ご興味のある方は、是非、ご参加下さい。
応援致します。

「ブログランキング:ゴルフ部門」なんとか頑張っていま~す。 宜しくお願い致します。

「ゴルフ上達法」もヨロシクで~す。

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ

たまには、違う理論も勉強して、そして、良いところは取り入れたいですね。
お時間がございましたら、見てみて下さいね~

アンビリバボーのパット術 (ゴルフダイジェスト文庫) ゴルフダイジェスト社

記事が参考になったらランキングバナーのクリックで応援お願い致します。励みになります。



スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. これが本当にやりたかったスイングなのです。
  2. 「クラブを立てる」ということ
  3. 前倒しのタイミングの取り方について。 左手の小指と薬指が鍵かな・・・・・・
  4. 「見えない糸」の距離が変わらなければ、軸(背骨)はブレません。
  5. 身体(胸面)が飛球線後方を向いている時(両肩が飛球線ラインと直角の時)に右サイド…

関連記事

  1. seonpapaのゴルフ動画

    実際にコースで役に立つスイングとは

    <読者より>はじめまして!最近ゴルフを始めた者です。こ…

  2. ご質問に対する回答

    無意識に出てしまう動作を意識的に抑えるのです。

    (読者より)いつも拝見しています。今回の一連の動画で何故前倒し…

  3. ご質問に対する回答

    その左腕の使い方で、どうしたらストレートに打てるのか

    (読者より)Papaさんこんばんわどうしても右肩が下が…

  4. ご質問に対する回答

    軸(正中線:背骨)に対しては横振り(回転)です。

    <読者より>いつも楽しく見させて頂いています。「元に戻した方が…

  5. ご質問に対する回答

    このタイミングと言いましょうか、この「間」が大切なのですね。

    (読者より)「肩甲骨の下を真っ直ぐ後ろに引かれる」とはピストルを突…

  6. ご質問に対する回答

    正しいことを教えてもらって結果出てないんだから、正しくないことをやるべきでしょ。

    (読者より)はじめまして、最近このサイトを知ってとても興味深く拝見…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近のコメント

    1. ゴルフ雑記

      これが本当にやりたかったスイングなのです。
    2. seonpapaのゴルフ動画

      「100切りゴルフ」前篇
    3. seonpapaのゴルフ動画

      何故、飛ばそうという意識がいけないのか・・・
    4. 嬉しいコメント

      スイングの基本である大項目をやらずして、中項目や小項目ばかりをやるから続かないの…
    5. seonpapaのゴルフ動画

      「100切りゴルフ」後編
    PAGE TOP