seonpapaのゴルフ動画

前倒しやフェースターンの違いについて。

の違いとは」

☆前倒し
☆フェースターン
☆フェースロテーション

★回外
★外旋
★アームローテーション

スポンサーリンク

今、よく耳にする「前倒しやフェースターンやフェースロテーション」とは、部位として「フェース面」を対象とした場合の名称であり、「回外、外旋、アームロテーション」とは、部位として「左腕」を対象とした場合の名称であると思います。

どちらも、対象としている部位の操作方法で呼び方が違っているだけで、動作&結果は同じようなことだと思っています。

このように、ゴルフにおいては、トップからスイングプレーンに添って左腕を引くのではなく、トップの位置のままから、直ぐに 左腕の左旋回動作と右腕の右旋回動作をすることで、インパクト時には、球を包み込むようなインパクトになり、右にフケるような弾道にはならず、捕まった強い弾道になるのです。

但し、これがきちんと行われるには、左腕の付け根である左の肩関節(第一の支点)と真っ直ぐに伸びた左腕の小指&薬指[グリップの握り部分](第二の支点)の2ヶ所の支点が、インパクト前に飛球線ライン上で、球より前に出ないことが絶対的条件です。

スポンサーリンク

何を言いたいかといいますと、トップからダウンスイングをする際に、身体が右から左へと過度に身体移動をしてしまうと、全ての支点が前(飛球線方向)にズレてしまって、インパクト時のフェイス面がボールに対して相対(包み込み)せず、色々な弾道になってしまうということです。

そうならない為にはどうしたら良いのかが重要であり、その為に理論を取り入れて、分かった上で練習するのです。

そしてそして、その為には、右サイドでの処理の仕方を解いているクォーター理論が最適なのです。

この度、アベレージゴルファーの応援企画と致しまして、「ゴルフ異聞録」を開設致しました。
ご興味のある方は、是非、ご参加下さい。
共に頑張りましょう。
応援致します。

スポンサーリンク

「ブログランキング:ゴルフ部門」なんとか頑張っていま~す。 宜しくお願い致します。

記事が参考になったらランキングバナーのクリックで応援お願い致します。励みになります。



スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 左腕の小指薬指側の筋肉にテンションが掛かりますので、そのテンションが掛かったよう…
  2. 身体(胸面)が飛球線後方を向いている時(両肩が飛球線ラインと直角の時)に右サイド…
  3. 「見えない糸」の距離が変わらなければ、軸(背骨)はブレません。
  4. 前倒しのタイミングの取り方について。 左手の小指と薬指が鍵かな・・・・・・
  5. これが本当にやりたかったスイングなのです。

関連記事

  1. seonpapaのゴルフ動画

    ダウンスイングのコツ 始動の順番とは・・・・

    <読者より>こんばんは!初めまして。30代初心者papaさんの…

  2. seonpapaのゴルフ動画

    「最終目標」

    「最終的にやりたいこと」前回、「絶対にヘッドを落とさない」に関…

  3. seonpapaのゴルフ動画

    調子の悪い時は、何をやってもダメですね・・・

    <読者より>seonpapaさん こんにちわ兵庫県在中のゴ…

  4. ゴルフ雑記

    もう「正解」を求めるのはよそうと思うようになりました。

    (読者より)はじめまして。 オーバースイングな気がしますが、前倒し…

  5. seonpapaのゴルフ動画

    何故、軸が崩れてしまうのか、それはボールを見てしまうからです。

    <読者より>はじめまして、私はゴルフをはじめて1年半の初心者です。…

  6. ゴルフ雑記

    これが本当にやりたかったスイングなのです。

    私がクウォーター理論を知ってから、もう4年近くが経ちますが、取り入れ始…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近のコメント

    1. seonpapaのゴルフ動画

      「100切りゴルフ」前篇
    2. 嬉しいコメント

      左腕の小指薬指側の筋肉にテンションが掛かりますので、そのテンションが掛かったよう…
    3. seonpapaのゴルフ動画

      左腕の外旋反復練習の重要性について
    4. seonpapaのゴルフ動画

      何故、飛ばそうという意識がいけないのか・・・
    5. seonpapaのゴルフ動画

      「クラブを立てる」ということ
    PAGE TOP