seonpapaのゴルフ動画

スイングイメージで大切な「肩から肩」へ

この動画は2月に作成したものですが、この時期に、YouTubeにて、不可解なコメントがあり、その後、数ケ月に渡り投稿を止めていましたが、今回、ブログを開設しましたので、こちらにて公開させて頂きます。

尚、この動画は、スイングの調子が悪くなった時にイメージしますと、本当に良くなりますので、是非、試してみて下さい。

振るという感覚ではなく、リズム良く左腕の外旋だけをするという感じであり、ヘッドが自分の正面を通過する際には、左腕は外旋し終わっているようなイメージです。

スポンサーリンク

そして、自分の正面を通過する時の左手の甲は、自分の方を向く感じなのです。

とにかく、ボールという意識を持たずに、リズムよく、左腕の外旋だけを行うイメージでやってみて下さいね~

調子が悪くなってきましたら、この左右均等の「力」でスイングする「肩から肩へ」のスイングを実践して下さい。

これを行うには、左右の肘のたたみ方を対称にしなければできませんが、このたたみ方が良い練習になるのです。

スポンサーリンク


意識としては、「肩から肩」へ、なんですが、いざ、実際にボールを目の当たりにしますと、「肩から肩」ではなく、「肩からボールから肩」という風に、間に「ボール」という意識が入ってしまいます。

すると、たかがその意識だけで、スイングが変わってしまうのです

それだけ、意識というものは大切なのだと思います。

しかし、桑田泉 クウォーター理論 恐るべしです。

この度、アベレージゴルファーの応援企画と致しまして、「ゴルフ異聞録」を開設致しました。
ご興味のある方は、是非、ご参加下さい。
共に頑張りましょう。
応援致します。

スポンサーリンク

「ブログランキング:ゴルフ部門」なんとか頑張っていま~す。 宜しくお願い致します。

記事が参考になったらランキングバナーのクリックで応援お願い致します。励みになります。



スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 左腕の小指薬指側の筋肉にテンションが掛かりますので、そのテンションが掛かったよう…
  2. 「見えない糸」の距離が変わらなければ、軸(背骨)はブレません。
  3. 身体(胸面)が飛球線後方を向いている時(両肩が飛球線ラインと直角の時)に右サイド…
  4. 「私の練習内容」 何かの参考になれば嬉しいです。
  5. 前倒しのタイミングの取り方について。 左手の小指と薬指が鍵かな・・・・・・

関連記事

  1. seonpapaのゴルフ動画

    右肩が下がりやすくなってしまう原因について。

    トップから腕を振らずに直ぐに左腕の外旋をしますと右肩は下がりませんが、…

  2. seonpapaのゴルフ動画

    フルショットをすると、何故、左に引っ掛かるのか・・・・

    今回は、読者の方より、大変、勉強になるコメントを頂きましたので、それを…

  3. seonpapaのゴルフ動画

    クラブの最下点は股の真下位の感覚でいいのです。

    <読者より>私の場合、ダウンスイングで左の膝が左に流れるクセがあり…

  4. seonpapaのゴルフ動画

    縦振りスイング

    「思うこと」人は剣道の竹刀や餅つきの杵のように、身体に対して縦…

  5. seonpapaのゴルフ動画

    前倒しの動作を明確に認識するのは極めて困難である。

    <読者より>10月25日掲載文の続き。久しぶりに投稿します。私…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近のコメント

    1. seonpapaのゴルフ動画

      「私の練習内容」 何かの参考になれば嬉しいです。
    2. seonpapaのゴルフ動画

      何故、飛ばそうという意識がいけないのか・・・
    3. seonpapaのゴルフ動画

      「100切りゴルフ」後編
    4. 嬉しいコメント

      左腕の小指薬指側の筋肉にテンションが掛かりますので、そのテンションが掛かったよう…
    5. seonpapaのゴルフ動画

      「100切りゴルフ」前篇
    PAGE TOP