ゴルフ雑記

プロや上級者が、何故、同じ所にボールが飛ぶのか。それは練習における目的意識の違いです。

プロや上級者が、何故、同じ所にボールが飛ぶのか。

それは、同じ動きをしているからです。
練習場での練習は、身体(筋肉)に同じ動きの記憶をさせることです。
誰でも同じ状態で何度も何度も同じスイングを繰り返ししていれば、身体がその動きをします。

しかし、それが出来ないのは何故なのでしょう。

練習時の意識を複雑に考え過ぎではないでしょうか。
勿論、チェックする項目は幾つかありますが、いっぺんには出来ません。

スポンサーリンク

そして、大事なことは、「前倒し」を基本として進めていった方が早道だということです。

尚、桑田泉プロのクォーター理論では、簡単なイメージとして、身体の回転を「背中、脚」としています。
これは、とても単純な表現ですが、イメージを意識するには、とても良い方法です。

大きな筋肉を意識させて覚えることは、身体的な反復練習には効果大なんですね。
そして、「背中」の時に前倒しをしはじめて、「脚」で肩の回転を戻すのです。

要は、肩の回転は、「脚」の動きで腰が回転して、そして、連動されて、肩の回転が成されるのです。

バックスイングで肩を回転させる筋肉と、インパクトに向けて、トップから回転した肩を戻す筋肉は、同じではありません。
ここでいう同じ筋肉とは、背骨を軸として考えた左右対称の筋肉ではなく「足」という動作で使われる筋肉なんです。

これが、「本当のクォーター理論」だと思いますが、まだまだ、私にはこなせないので、トップから左腕の切り返しだけで対応しています。

スポンサーリンク


いや~、しかし、今までの悪習が染み付いていて、なかなかできません。

本当に難しいですね。

しかし、それが練習場で出来たとしても、実際にコースでそれが出来るか。

勿論、出来る人もいますし出来ない人もいます。

しかし、それは何故なのでしょうか?

<なぜナイスショットは練習場でしか出ないのか 本番に強いゴルフの心理学 (幻冬舎新書) 幻冬舎>

それは、やはり、ゴルフというものが、本当にメンタルなスポーツなのだと思いますね。

そんな訳で、練習場においては、単に球数だけを多く打てばいいのではなく、「一球一球、目的意識を持って、そして、常にプレッシャーをかけながらの練習」をされると良いと思います。

ではでは、暑い中、皆さん、体調には十分注意をされて練習に励んで下さいね~(笑顔)

この度、アベレージゴルファーの応援企画と致しまして、「ゴルフ異聞録」を開設致しました。
ご興味のある方は、是非、ご参加下さい。
共に頑張りましょう。
応援致します。

スポンサーリンク

「ブログランキング:ゴルフ部門」なんとか頑張っていま~す。 宜しくお願い致します。

記事が参考になったらランキングバナーのクリックで応援お願い致します。励みになります。



スポンサーリンク

関連記事

  1. seonpapaのゴルフ動画

    前倒しやフェースターンの違いについて。

    「☆と★の違いとは」☆前倒し☆フェースターン☆フェース…

  2. seonpapaのゴルフ動画

    飛距離は身体に比例する。

    「飛距離は身体に比例する。」これって、本当にそうでしょうか?…

  3. ゴルフ雑記

    「スイング軸」 如何に軸を保つのか。

    貴方は軸を意識しています?貴方の軸はどこですか?高梨沙羅さ…

  4. seonpapaのゴルフ動画

    縦振りスイング

    「思うこと」人は剣道の竹刀や餅つきの杵のように、身体に対して縦…

  5. seonpapaのゴルフ動画

    ゴルフ三拍子

    調子が悪い時って、どんな方にもあると思います。それこそ、超一流…

  6. ゴルフ雑記

    練習場とコースで一番変わってしまうのが、ボールに対する意識です。

    私が若かりし頃、よく先輩や友人に言われたことがあります。それは…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近のコメント

    ブログランキング

    1. seonpapaのゴルフ動画

      「100切りゴルフ」後編
    2. seonpapaのゴルフ動画

      何故、飛ばそうという意識がいけないのか・・・
    3. seonpapaのゴルフ動画

      「100切りゴルフ」前篇
    4. seonpapaのゴルフ動画

      左腕の外旋反復練習の重要性について
    PAGE TOP