ご質問に対する回答

指紋と同じようにただの一つも同じスイングは無いのです。

(読者より)
前倒し、、、
手首痛めて終わりですね

肩は縦に回転が自然かと、、
縦に回転すればハンドファーストがより生きるかと思います。

三觜プロをお勧め致します。

(私より)
こんにちは。
コメントありがとうございます。

たぶん大きな勘違いをされているのかなと思いますが、「前倒し」とは手首を捏ねたりは一切しないのですね。
そうそう、以前、私の動画にコメントを下さった方から、関西の若い方がやられているWGSLという集団でやっている理論があるので見て下さいとコメントを頂きまして、何度か動画を見させて頂きましたが、私のような高齢者には絶対に出来ないスイングだと思いました。

そして、それが、「前倒し」なのだと言われておりましたが、もしもそれが本当の「前倒し」なら、私が表現している「前倒し」は前倒しではないと思いました。

桑田プロの言われているのは、スイングプレーンに沿って引かないということであり、「クラブを立てる」ためにヘッドの正面が自分の前の方に倒れることを言っているのであって、それをよく理解されない方が違うイメージを持たれるのでしょう。

そして、そういう変なイメージが上手く出来ない理由なのかもしれません。

私も初めはそう思いましたし、実際に出来ませんでした。
でも、前腕と握ったクラブ(シャフト)の角度を一切変えずにボディーターンで切り返すというスイングには左腕の外旋動作が必ず必要なんですよ。

そして、その際に身体が縦回転しますと、前腕と握ったクラブで作った角度を解き放ちませんとスイングとして成り立ちません。
まあ、色々な理論があるのでしょうが、やってみて自分に合うのが一番ですし、桑田プロが言われているように、結果が全てを語るのかなと思っております。

まあ、ゴルフスイングは皆さん違うのです。
極論ではありますが、ただの一つも同じスイングはありません。
何故なら、年齢や体格や柔軟性や使用するクラブや経験値等、皆違うからです。

指紋がみんな違うようにスイングも違うのでしょう。

そして、自分と違ってもそれはそれ。
それで良いのです。

少しでも上手くなりたいというみんなの気持ちが、何十年、いや、百年単位で受け継がれてきたからこそ、現在のスイングがあるのです。
先人のお陰なのです。

そして、ゴルフを始められた初心者の方々や何十年とゴルフをやっているにも関わらず上手くならない方々が、迷いに迷ってドツボにハマるようなこと(経験者としてですが)がないように、今のSNSを使った練習方法があるのでしょうが、それも自分に合った物が一番であって、それを見つけることが出来ただけでも幸運なのです。

私のような高齢者は、時代の背景もあるのでしょうが、若い時にゴルフに関する情報を得ようとしても、雑誌とテレビしかなく、ビデオを録画しては擦り切れるぐらい見て練習しても上手くならなかったように、何が良くて何が悪いのかさえも分からなかったのです。

でも、スイングに関する「コツ」を教えてくれた桑田プロやSNSに感謝なのです。

だからこそ、自分と同じようにドツボにハマってしまった方へのメッセージとして発信しておりますが、それで上手くなるとかではなく何かのコツを掴むことが出来て、そして、その方なりに自分に合ったスイングを確立されて上手くなられたら、私自身も嬉しいのです。

長くなりましたが、お互い頑張りましょうね(笑顔)


初心者の方やなかなか100切りが出来ない方、そして高齢者の皆様へ

一度で良いので、騙されたと思って「クウォーター理論」を始めてみませんか~

もしお時間がございましたら、以下も見て下さい。
ゴルフ向上には身体のメンテナンスも大切です。
どうぞ、施術方法をお二人で体験して覚えて下さい。

「ボディメンテナンス講習」
そうそう、一番良いのは、仲の良いプレイヤー同士での参加です。
機会がありましたら、是非、体験してみて下さいね(笑顔)


この度、アベレージゴルファーの応援企画と致しまして、「ゴルフ異聞録」を開設致しました。
ご興味のある方は、是非、ご参加下さい。
応援致します。

「ブログランキング:ゴルフ部門」なんとか頑張っていま~す。 宜しくお願い致します。

「ゴルフ上達法」もヨロシクで~す。

記事が参考になったらランキングバナーのクリックで応援お願い致します。励みになります。



スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 「私の練習内容」 何かの参考になれば嬉しいです。
  2. 前倒しのタイミングの取り方について。 左手の小指と薬指が鍵かな・・・・・・
  3. これが本当にやりたかったスイングなのです。
  4. 左腕の小指薬指側の筋肉にテンションが掛かりますので、そのテンションが掛かったよう…
  5. 身体(胸面)が飛球線後方を向いている時(両肩が飛球線ラインと直角の時)に右サイド…

関連記事

  1. ご質問に対する回答

    トップから直ぐに外旋する事と桑田プロのビデオの前倒しの動きが違う???

    (読者より)papa様、いつもありがとうございます。今年、53…

  2. seonpapaのゴルフ動画

    前倒しとはどの方向に倒すのか?

    <読者より>いつも大変お世話になっております。私、以前よりは多…

  3. ご質問に対する回答

    先ずはこの動作を一番初めに覚えることが良いと思います。

    (読者より)初めまして、67歳の爺です。私は社会人になって…

  4. ご質問に対する回答

    その左腕の使い方で、どうしたらストレートに打てるのか

    (読者より)Papaさんこんばんわどうしても右肩が下が…

  5. ご質問に対する回答

    飛距離アップのカギは「身体の柔軟性」について

    (読者より)seonpapaさんの動画に会ってから1年半がたちまし…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近のコメント

    1. seonpapaのゴルフ動画

      何故、飛ばそうという意識がいけないのか・・・
    2. seonpapaのゴルフ動画

      「100切りゴルフ」前篇
    3. seonpapaのゴルフ動画

      左腕の外旋反復練習の重要性について
    4. seonpapaのゴルフ動画

      「100切りゴルフ」後編
    5. seonpapaのゴルフ動画

      「クラブを立てる」ということ
    PAGE TOP