ゴルフ雑記

フェース面を考えて「真っ直ぐ当てに行く」ということが違うのだという事に気が付くまでに何十年も掛かりました。

(読者より)
参考になりました。
でもここまで前倒ししなくても私の場合は前倒しのイメージだけで十分でした。 ありがとうございます。

(私より)
こんばんは、コメントありがとうございます。

そうですよね。
私もそこまではしませんよ(笑顔)
物理的にみても、ここまでしたら、それこそ、ドフックになってしまいます。

でも、イメージは、本当にそんな感じなんです。

と言いますか、スローで行えば、とても、おかしなイメージなのですが、スピードが付きますので、クウォーターの部分でフェースが返り切っている位でないと、実際のインパクト時には開いてしまうのですね。

ではでは、お互い頑張りましょうね~(笑顔)

(読者より)
スライスしちゃう人にはかなりオススメのスイングだよ。

(私より)
こんばんは、コメントありがとうございます。

はい、そうなんです。
まさに以前の私がそうであったように、スライスする方にはとても良いと思いますよ~

下の動画はコメントを頂いた動画とは違いますが、編集した時に思ったことは、ここまでやったら・・・・という思いもありました。
然しながら、このように極端にやってみないと、私がそうであったように、いつまで経っても出来ないのかもしれません。

要は、真逆くらいの気持ちを持って、桑田プロが言われるように「人と同じということは、そう、それは間違い」という意識も必要なのかもしれません。

振り返ってみて思うこと。
フェース面を考えて、「真っ直ぐ当てに行く」ということが違うのだという事に気が付くまでに何十年も掛かりました。

「試して欲しいこと」
ゴルフスイングに於ける大切な意識については何度も何度も自分自身に言い聞かせ、そして、皆さんにもお伝えさせて頂きましたが、繰り返しお伝えさせて頂きます。

本当にしつこくいですが、自分が試してみて良かったことですので、是非、試して頂きたいのです。
幾つかある内の一つですが、練習場でもそうでしょうが、特にコースに行かれましたら、とにかく、ボールより左サイドのことは、一切、考えないで下さい。

左サイドのことを考えるのは、ターゲットとボールをラインで合わせたアドレス時だけであって、ヘッドを合わせて、アドレスで構えましたら、本当に一切考えないのです。

意識することは、右サイドのことだけです。

尚、右サイドと言っても、ボールにヒットさせるというイメージも持ちません。

そして、特にいけないのがボールを見ることです。
ボールを見てボールに当てにいくという意識は持たないことです。

何があってもボールは見ません。
意識するのは、地面にあるボールに対して取ったアドレスの軸(背骨)を崩すことなく、その軸(背骨)に対してスイングすることを意識して欲しいのです。

ボールを見ずにボールに対して作った軸(背骨)に対して両肩をレベルにスイングするのですが、ヘッドを下ろさないようにしながら左腕の外旋動作をするのです。

スポンサーリンク

何度も言いますが、とにかくヘッドを下ろさないのです。

不思議なのですが、この「下ろさない」ということをしても、勝手に自然に下りてきますので、とにかく、それを信じてそれを体験して欲しいのです。

ただ、そうは言っても、それをコースでやるのは勇気のいることですが、それが出来るように、常に練習場で行うのです。

そしてそして、繰り返しますが、バックスイングをして、右サイドに行き止まった箇所からは、ヘッドのことは忘れて、軸(背骨)に対してレベル(両肩)に身体の左回転をしますが、本当にやって欲しい左回転の動作は、下半身で導いて欲しいのですが、それはまだ難しいことなので、今は、軸(背骨)を崩さないで、下半身を意識しないで上半身の左回転をすることだけをやってみても良いです。

尚、その時のイメージについてですが、トップの位置からヘッドを下ろすことはしない意識で、右手の手首(甲面)が折れないようにしながら、グリップは右肩に固定されたような、その位置に置いたままのような、何て表現したら良いのか分かりませんが、その形(シャフトと腕で作った角度)を維持したようにして、肩甲間部の背骨(左右の肩甲骨の中心にある第一胸椎~第七胸椎)を軸として、身体の左回転をするのです。

その時の左回転をする意識についは、実はアドレスで構えた時には既に出来上がっていて、軸(背骨)を崩さずに軸(背骨)を軸として、両肩を平行に左回転させるイメージを持ちながらバックスイングをして右回転させるのです。

なので、バックスイングをしながらダウンスイングの準備に入っているということなのですね。

スポンサーリンク

ただその時のしなくてはいけない動作は、バックスイングをして右回転した身体を、地面にくっついている両足の裏を左回転させて行うのが、「背中、足の裏」という動作なのですが、足の裏を意識してしまいますと、まだまだ難しい方もおられますので、軸(背骨)を保ったまま首の付け根(第七頚椎)を支点に両肩を平行に左回転させる意識だけでも良いかもしれません。

軸(背骨)が崩れなければ、足の裏の意識を持たずにそのイメージだけでも自然に足の裏が付いてくるかなと思います。

そしてそして、トップから身体を左回転をさせますが、それと同時左回転が先か、それとも同時か、いや、左腕の外旋が先かは、その方のスイングスピードやスイングリズムによって違いますので、自分に合った順番を見付けて欲しいのです。に左腕の外旋動作をさせますが、ヘッドを下ろさないようにするのです。

人によっては、このヘッドを下ろさないというイメージが「信じられないこと」なので、どうしてもスムーズにスイングができなかったりするのですが、騙されたと思って単に軸(背骨)を崩さず軸(背骨)を中心にした左回転と共に、トップの位置にある左腕を外旋させるのです。

本当にその位置に置いておくような感覚なのですが、自分で下ろさないでも勝手に自然に下りてきます。


尚、私のイメージとしては、「左腕」はアドレスで構えた位置に戻されるのですが、トップからダウンスイングに移行する際、身体の左回転と同時に左腕の外旋動作をさせて、左腕をアドレスで構えた位置に戻すような感じなのです。

でも、自分でヘッドを下ろすという感じではないのです。
自分でヘッドを下ろすと言いますと、ボールに対してヘッドを当てに行くような感じになってしまいますが、トップで構えたグリップ(両手)は、その位置に置いたままで、単に両肩を軸(背骨)を保ったまま平行に回転(身体の左回転:クウォーター回転です。インパクト時には身体は正面を向いています。)させるだけなのです。

ヘッドをボールにヒットさせようという意識がありますと、右肩が下がったり、右肩が前(飛球線ラインより前)に出てインパクトを迎えたりしてしまいます。

そうなれば、必ずチーピンや酷いフック系統の弾道になり易いのです。

何度も言いますが、この「ヘッドを自分で下ろさない」ということを信じ切れるか信じ切れないかで違ってしまうのかなと思います。

そんな感覚なのですが、これを信じられるか信じられないかで、出来るか出来ないかが決まってしまうのかもしれませんが、騙されたと思って一度やってみて下さい。

スポンサーリンク

この度、アベレージゴルファーの応援企画と致しまして、「ゴルフ異聞録」を開設致しました。
ご興味のある方は、是非、ご参加下さい。
応援致します。

「ブログランキング:ゴルフ部門」なんとか頑張っていま~す。 宜しくお願い致します。

「ゴルフ上達法」もヨロシクで~す。

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ

たまには、違う理論も勉強して、そして、良いところは取り入れたいですね。
お時間がございましたら、見てみて下さいね~

練習場でおぼえるゴルフスイング基本レッスン
スイングを完成させるために練習場でテーマ別にレッスンを組み立てる 日本文芸社

記事が参考になったらランキングバナーのクリックで応援お願い致します。励みになります。



スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 左腕の小指薬指側の筋肉にテンションが掛かりますので、そのテンションが掛かったよう…
  2. 「私の練習内容」 何かの参考になれば嬉しいです。
  3. 前倒しのタイミングの取り方について。 左手の小指と薬指が鍵かな・・・・・・
  4. 「見えない糸」の距離が変わらなければ、軸(背骨)はブレません。
  5. 身体(胸面)が飛球線後方を向いている時(両肩が飛球線ラインと直角の時)に右サイド…

関連記事

  1. ゴルフ雑記

    「スイング軸」 如何に軸を保つのか。

    貴方は軸を意識しています?貴方の軸はどこですか?高梨沙羅さ…

  2. seonpapaのゴルフ動画

    スライス矯正法

    スライスに悩まれている方へスライスが起きてしまうのは、トップか…

  3. seonpapaのゴルフ動画

    ゴルフ三拍子

    調子が悪い時って、どんな方にもあると思います。それこそ、超一流…

  4. seonpapaのゴルフ動画

    縦振りスイング

    「思うこと」人は剣道の竹刀や餅つきの杵のように、身体に対して縦…

  5. ゴルフ雑記

    「ヘッドを落とさずにボールを打つのです。」この動作が重要なんです。

    (読者Aさんより)なんで、他のプロは、技術を小出しにするのでしょう…

  6. ゴルフ雑記

    とっても嬉しい日になりました。&「ゴルフ侍」

    <読者より>いつも参考にさせていただいています。ありがとうござ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近のコメント

    1. seonpapaのゴルフ動画

      「100切りゴルフ」後編
    2. seonpapaのゴルフ動画

      左腕の外旋反復練習の重要性について
    3. seonpapaのゴルフ動画

      「100切りゴルフ」前篇
    4. 嬉しいコメント

      左腕の小指薬指側の筋肉にテンションが掛かりますので、そのテンションが掛かったよう…
    5. seonpapaのゴルフ動画

      「私の練習内容」 何かの参考になれば嬉しいです。
    PAGE TOP