seonpapaのゴルフ動画

ゴルフ三拍子

調子が悪い時って、どんな方にもあると思います。

それこそ、超一流のプロにだってある筈です。

スポンサーリンク

であれば、私達のような素人は、全く持って当たり前のことです。

なので、そんなことに挫けていてはいけません。

調子が悪い時にこそ、どうしたら良いのか。

何が原因で、何をどうしたら良くなるのか。

それが分かれば良いんです。


但し、歳を重ねるごとにそれができなくなります。

何が原因で、どうしたら良いのか。

それは理解しているのですが、身体がついていきません。

これは致し方のないことではありますが、男として情けない一面でもあります。

でも、そんな調子の悪い時にでも、この「クウォーター理論」があれば、なんとかなります。

どんなに調子が悪くても、トップから直ぐに左腕の外旋動作さえすれば、なんとなく誤魔化せます。

スポンサーリンク

コースに行っても、調子の良い日もあれば悪い日もあります。

前日の練習では調子が良かったのに、コースでは・・・・・・。

スタート前の練習では良かったのに、何かのキッカケで途端に悪くなったり・・・・。

午前中は調子が良かったのに、昼食後は途端におかしくなったり・・・・・。

そんなことは当り前のように起こります。

でもそんな時には、背骨を軸として、その軸を前後左右に崩すことなく、直立の姿勢でも良いので、トップから直ぐに左腕の外旋動作をしてみて下さい。

ボールを見ずに、ボールの手前の数センチの地面だけを見つめ続けて、トップから直ぐに行うのです。

ボールにフェースを当てようなんてことは絶対に絶対にイメージしないことです。

1軸を崩さず、2ボールを見ずに、そして、3トップから直ぐに左腕の外旋動作を行うのです。

この三拍子が出来ていれば、どんな時でも誤魔化せます(笑顔)


ではでは(笑顔)

スポンサーリンク

この度、アベレージゴルファーの応援企画と致しまして、「ゴルフ異聞録」を開設致しました。
ご興味のある方は、是非、ご参加下さい。
共に頑張りましょう。
応援致します。

「ブログランキング:ゴルフ部門」なんとか頑張っていま~す。 宜しくお願い致します。

しかし、桑田泉 クウォーター理論 恐るべしです。

お時間がございましたら、見てみて下さいね~

PGA最優秀ティーチングプロの「深・クォーター理論」ゴルフ 実践編 成美堂出版

記事が参考になったらランキングバナーのクリックで応援お願い致します。励みになります。



スポンサーリンク

関連記事

  1. seonpapaのゴルフ動画

    クラブの最下点は股の真下位の感覚でいいのです。

    <読者より>私の場合、ダウンスイングで左の膝が左に流れるクセがあり…

  2. seonpapaのゴルフ動画

    自分に合ったスイングで、どんなクラブでも打ち熟せます。

    <読者より>初めまして 「クォーター理論→前倒し」の情…

  3. seonpapaのゴルフ動画

    前倒しやフェースターンの違いについて。

    「☆と★の違いとは」☆前倒し☆フェースターン☆フェース…

  4. seonpapaのゴルフ動画

    何故、軸が崩れてしまうのか、それはボールを見てしまうからです。

    <読者より>はじめまして、私はゴルフをはじめて1年半の初心者です。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近のコメント

    ブログランキング

    1. seonpapaのゴルフ動画

      「100切りゴルフ」後編
    2. seonpapaのゴルフ動画

      何故、飛ばそうという意識がいけないのか・・・
    3. seonpapaのゴルフ動画

      「100切りゴルフ」前篇
    4. seonpapaのゴルフ動画

      左腕の外旋反復練習の重要性について
    PAGE TOP