seonpapaのゴルフ動画

100ヤード以内で狙った箇所に打つには。

100ヤード以内で狙った箇所に打てるように練習するには、とにかく、トップから左腕を引くようなスイングをしないことです。

そして、できることなら、余計な動作は極力しないのが良いと思います。

私だけかもしれませんが、「上げたら下ろすではなく、上げたら外旋(左腕)する。」が良いのです。

そしてそして、これも重要ですが、飛球線ラインより右肩が前に出ることなく、右サイドで処理ができれば真っ直ぐにしか飛びません。

スポンサーリンク

この右サイドでの処理完結が出来れば良いのですが、どうしても、飛球線方向への意識が有りすぎてインパクト後の左サイドでの処理もやってしまうのです。


インパクト後の左サイドの処理は、スイングにおける遠心力が勝手に作ってくれることだと思っています。
なので、自分でしないことを意識してみて下さい。

左サイドでの処理をしてしまうような感じになってしまいますと、ヘッドがインパクト後までも追っかけるような感じになってしまいます。

そのことは、ある意味、大切ではありますが、プロや上級者の方でない限り、それをイメージしてしまいますと、どうしても、ヘッドをボールに当てて、飛球線方向に飛ばそうという感じになってしまい、右肩が突っ込んだような、ボールを追いかけるような感じになります。

すると、フックならまだしもチーピンが出てしまいます。

スポンサーリンク

なので、右サイドだけでの処理完結が良いのです。

このことは、コースに行かれたら思い出して欲しいことの中でも、かなり大切なことになります。

特にショートホールで、よく左に引っ掛けることがあると思いますが、まさにこの通りなんですね。

私がそうですから、間違いないです(笑)

そんなことですので、初心者の方やなかなか100を切れない方は、一度、試してみて下さいね~(笑顔)

この度、アベレージゴルファーの応援企画と致しまして、「ゴルフ異聞録」を開設致しました。
ご興味のある方は、是非、ご参加下さい。
共に頑張りましょう。
応援致します。

スポンサーリンク

「ブログランキング:ゴルフ部門」なんとか頑張っていま~す。 宜しくお願い致します。

そうそう、ホリエモンさんも、ゴルフに目覚めたようですね~

ホリエモンが目覚めた“頭を使う”ゴルフ (Zaiten books) 財界展望新社

記事が参考になったらランキングバナーのクリックで応援お願い致します。励みになります。



スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. これが本当にやりたかったスイングなのです。
  2. 身体(胸面)が飛球線後方を向いている時(両肩が飛球線ラインと直角の時)に右サイド…
  3. 「見えない糸」の距離が変わらなければ、軸(背骨)はブレません。
  4. 左腕の小指薬指側の筋肉にテンションが掛かりますので、そのテンションが掛かったよう…
  5. 「私の練習内容」 何かの参考になれば嬉しいです。

関連記事

  1. seonpapaのゴルフ動画

    スイングにおけるトップからの順番としては・・・。

    スイングにおけるトップからの順番と致しましては、必ず「ヘッドが一番先」…

  2. seonpapaのゴルフ動画

    読者(A、B)さんからの嬉しいコメントです。パート2

    ご質問ではありませんが、ご紹介(一部省略)させて頂きます。 こうや…

  3. seonpapaのゴルフ動画

    ターゲットに向かってボールを飛ばすには、ターゲットを意識しないことです。

    今、貴方はスタートホールに立っています。(友人のシミちゃん…

  4. seonpapaのゴルフ動画

    ゆっくりスイングって、とっても良い練習になるんです。

    <読者より>初めまして。真剣にゴルフを始めて一年も満たない初心…

  5. seonpapaのゴルフ動画

    「クラブを立てる」ということ

    (読者より)前倒しを頑張ってやってみようと思います。一つお聞き…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近のコメント

    1. seonpapaのゴルフ動画

      「私の練習内容」 何かの参考になれば嬉しいです。
    2. seonpapaのゴルフ動画

      「100切りゴルフ」前篇
    3. 嬉しいコメント

      左腕の小指薬指側の筋肉にテンションが掛かりますので、そのテンションが掛かったよう…
    4. seonpapaのゴルフ動画

      「クラブを立てる」ということ
    5. ゴルフ雑記

      これが本当にやりたかったスイングなのです。
    PAGE TOP