seonpapaのゴルフ動画

アイアンのインパクトイメージ

<読者より>
papa様初めてコメント失礼します。
いつも動画を楽しく拝見しております。

私もクウォーター理論の虜で1度桑田プロのお試しレッスンを受けました。

まだまだ理解出来ておらず悩んでいたところpapa様の動画と出合い目から心がこぼれました。

右手を返して前倒して練習してたのですが、papa様の左手の甲を下に向けるという教えでかなり変化しました。

まず心より感謝申し上げます。

嬉しくなって練習してますが、また壁にブチあたってしまいましたのでpapa様の教えをいただきたくコメントさせていただきました。

ダウンスイングなのですが、今の私のイメージは切り返しで打球方向とは逆方向に右ストレートパンチ(回内)しながら左手甲は地面へ向ける感じで練習をしてるのですが、なかなか上手くいかず、しまいには左手首にかなり痛みを感じるようになってしまいました。

papa様のダウンスイングはどのようなイメージでされていますか。

アドバイスいただけると幸です。
勝手なコメント、長文で失礼いたしました。

スポンサーリンク

<私より>
はじめまして。
返信、遅くなってすいませんでした。

コメントありがとうございます。
また、見て頂いて嬉しいです。

そうですか~
桑田プロのレッスンを受けられたのですか。

お試しとはいえ羨ましいですね。
私も直接受けてみたいですが、人気があって予約もできないみたいですし、高価なので、私には無理ですね。

さてさて、ゴルフのことですが、左手の甲の件が少しでも参考になって良かったです。

この件にしても、賛否両論があるようで、どうしたものかと思いましたが、まあ、ジジイの勝手な思いとして投稿致しました。

そんな私の思いで良ければ、参考にして下さいませ。(笑顔)

ご質問の件、読ませて頂きました。

回内しながらというのは、勿論、右腕だと思いますが、イメージとしては、良いと思います。

尚、クォーター理論ですので、右サイド(四分の一)での処理ですから、シャフトが地面と平行になってから、インパクトまでの間での理論として考えますと、その前に前倒しをしながら、用意万端にすることが必要なんですね。

なので、私は、クラブによって、多少違いますが、トップからは、左肩の回転と共に、直ぐに前倒しをします。

前倒しといっても、表現なので、イメージが伝わらないかもしれませんが、貴殿が変化されてように、左手の甲を下に向けるようなイメージなんです。

人によっては、それだけで、理解して頂くことがある方もいますが、表現がいい加減ですいませんです。

スポンサーリンク

尚、左手首に痛みが伴うというのは、左腕の回外よりも手首での操作があるのかなと感じました。

棒立ちでも良いですので、再度、トップから左腕だけのイメージで、回外しながらスイングしてみて下さい。

そして、その際は、ボールを見ずに、手前だけを見つめて行ってみて下さい。

ボールを見てしまいますと、人間の性として、ボールに当てに行くという微妙な動きが出てしまいます。

その微妙な動きが結構厄介なんです。

ではでは、頑張ってやってみて下さいね。(笑顔)

思うこと。

「左手の甲で蓋をする」
この件につきましても賛否両論ですが、これから見て頂きたい動画も賛否両論かもしれません。

このアイアンのインパクトイメージは、私にはピッタリです。

桑田さんが言われている「ボールを見ない」という意味を、自分なりに勝手に解釈したイメージですが、本当にこれをイメージしてから良くなりました。

このイメージがあってこそ、1番アイアンが打てました。



そうそう、このイメージは、けして私だけではありません。
今、一緒に練習しているMOZU君も、このイメージで本当に良くなってきました。

そう考えますと何事もイメージは大切ですので、ご自身に合ったイメージを確立されますと良いと思います。

この度、アベレージゴルファーの応援企画と致しまして、「ゴルフ異聞録」を開設致しました。
ご興味のある方は、是非、ご参加下さい。
共に頑張りましょう。
応援致します。

スポンサーリンク

「ブログランキング:ゴルフ部門」なんとか頑張っていま~す。 宜しくお願い致します。

 

記事が参考になったらランキングバナーのクリックで応援お願い致します。励みになります。



スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 左腕の小指薬指側の筋肉にテンションが掛かりますので、そのテンションが掛かったよう…
  2. 前倒しのタイミングの取り方について。 左手の小指と薬指が鍵かな・・・・・・
  3. 「見えない糸」の距離が変わらなければ、軸(背骨)はブレません。
  4. 「私の練習内容」 何かの参考になれば嬉しいです。
  5. 身体(胸面)が飛球線後方を向いている時(両肩が飛球線ラインと直角の時)に右サイド…

関連記事

  1. ご質問に対する回答

    前倒しの際の右足踵とトップの位置での右肘について

    <読者より>seonpapaさんこんにちは。いつもいつも丁寧に…

  2. ご質問に対する回答

    前倒しを行うには、どちらの腕がメインでしょうか?

    <読者より> 初めてコメント書かせて頂きます38歳の若僧です。…

  3. ご質問に対する回答

    「初動動作」

    6月29日の続き(読者より)前回の左膝の件、大変詳しく教えてい…

  4. seonpapaのゴルフ動画

    丹田の意識の重要性

    <読者より>良い球ですねー。自分もスイングに悩んだとき、確かに…

  5. ご質問に対する回答

    ダウンスイングでのイメージに関して。

    <読者より> 力強い良い球ですね。 ダウンスイングでは前倒…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近のコメント

    1. seonpapaのゴルフ動画

      何故、飛ばそうという意識がいけないのか・・・
    2. seonpapaのゴルフ動画

      「100切りゴルフ」前篇
    3. seonpapaのゴルフ動画

      左腕の外旋反復練習の重要性について
    4. seonpapaのゴルフ動画

      「100切りゴルフ」後編
    5. 嬉しいコメント

      左腕の小指薬指側の筋肉にテンションが掛かりますので、そのテンションが掛かったよう…
    PAGE TOP