seonpapaのゴルフ動画

ボールに当てに行くという意識が何故いけないのか。

何のクラブでも、軸(背骨)が前後左右にブレることなく、また、インパクト前に右肩が飛球線ラインより前に出なければ必ず良い弾道になりますが、ちょっとでも、軸(背骨)がブレたり、右肩が前に出たりしますと、途端に引っ掛け球になります。

そして、軸(背骨)がブレてしまうようなスイングスピードなら、ゆっくりでも良いので、軸(背骨)をブラさないスイングを心掛けたいです。

スポンサーリンク

尚、左に球が引っ掛かる原因としては、軸(背骨)が右から左へとズレてしまうこともありますが、その要因としては、ボールに当てに行くという意識が少しでも働いてしまったということが要因になりますね。

どうぞ、ボールに当てに行くということをイメージしてみて下さい。

そのようにイメージすると、右の手のひらで当てに行くという意識が働きませんか?

そうなれば、インパクト迄の処理完結でなくなり、インパクト後のフォローにまで処理が入ってしまいます。

スポンサーリンク

身体全体でボールに当てに行くというスイングになってしまい、スイング自体を崩すのです。

やはり、ゴルフはメンタルなスポーツなのですね・・・・・・・。

まだまだ、修行が足りません(笑顔)

スポンサーリンク

しかし、桑田泉 クウォーター理論 恐るべしです。

この度、アベレージゴルファーの応援企画と致しまして、「ゴルフ異聞録」を開設致しました。
ご興味のある方は、是非、ご参加下さい。
共に頑張りましょう。
応援致します。

「ブログランキング:ゴルフ部門」なんとか頑張っていま~す。 宜しくお願い致します。

そうそう、大きな庭でもあれば、練習器具でも置きたいなと思いますね。

EKGOLFGREEN(イーケーゴルフグリーン) 簡単組み立てゴルフ練習ネット基本セット(幅2.4m×高2.4m×奥行1.5m)
超コンパクトながらショートゲーム練習用にぴったり!・鳥かごゴルフネットゴルフ練習用品;自宅にゴルフ練習場をつくろう!
EKGOLFGREEN(イーケーゴルフグリーン)

 

記事が参考になったらランキングバナーのクリックで応援お願い致します。励みになります。



スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 左腕の小指薬指側の筋肉にテンションが掛かりますので、そのテンションが掛かったよう…
  2. 「私の練習内容」 何かの参考になれば嬉しいです。
  3. 前倒しのタイミングの取り方について。 左手の小指と薬指が鍵かな・・・・・・
  4. 「見えない糸」の距離が変わらなければ、軸(背骨)はブレません。
  5. 身体(胸面)が飛球線後方を向いている時(両肩が飛球線ラインと直角の時)に右サイド…

関連記事

  1. seonpapaのゴルフ動画

    スイングにおけるトップからの順番としては・・・。

    スイングにおけるトップからの順番と致しましては、必ず「ヘッドが一番先」…

  2. seonpapaのゴルフ動画

    左腕の外旋反復練習の重要性について

    「前倒し(アームローテーション:手打ち)」この動画のとおり、ト…

  3. seonpapaのゴルフ動画

    クラブの最下点は股の真下位の感覚でいいのです。

    <読者より>私の場合、ダウンスイングで左の膝が左に流れるクセがあり…

  4. seonpapaのゴルフ動画

    実際にコースで役に立つスイングとは

    <読者より>はじめまして!最近ゴルフを始めた者です。こ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近のコメント

    1. seonpapaのゴルフ動画

      「100切りゴルフ」後編
    2. seonpapaのゴルフ動画

      「100切りゴルフ」前篇
    3. seonpapaのゴルフ動画

      何故、飛ばそうという意識がいけないのか・・・
    4. seonpapaのゴルフ動画

      左腕の外旋反復練習の重要性について
    5. seonpapaのゴルフ動画

      「私の練習内容」 何かの参考になれば嬉しいです。
    PAGE TOP