ご質問に対する回答

軸(正中線:背骨)に対しては横振り(回転)です。

<読者より>
いつも楽しく見させて頂いています。
「元に戻した方が良いかな」とおっしゃってますが、元のスイングはどんなもんでしょうか。

現在のスイングの球の勢いといい弾道といい羨ましい限りですが。
私も来年で55になりますが、桑田プロ、武市プロをはじめseonnpapapさんも言われていることを練習してます。

最初は違和感が凄かったのですが、練習して一ヶ月経ちますが、効果が少しずつ出ているところですかね。
分からないことがありましたらご質問してもいいですか。

スポンサーリンク

<私より>
元のスイングについては、前倒しは少ないのです。
単にボディターンだけで切り返すというか、飛距離より方向性を重視したスイングなんです。

貴殿も50代なんですね、私もそうですが、若い時のようにいかない自分にジレンマを感じながらの練習はストレスを伴います・・・・・・・。

桑田プロの理論を試されているとの事ですが、初めは違和感が伴いますが、必ず良い結果になると思います。
信じて練習してみて下さいね。

質問の件ですが、私は全くの素人ですので、素人なりの回答で良ければいつでもOKですよ~
ではでは、寒くなってきましたのでご自愛下さい。

ヘッドを30-40cm 位しか動かさないショートパットは、ヘッドが真っ直ぐ向いているかどうかが結果に直結します。『レーザーコーチパッティング』は、アライメントの確認が簡単に出来るので、パッティングの練習に大変役立っています。レーザー光を真っ直ぐ動かすよう意識する事で、理想的なインサイドインのストロークが身につきます。
パターフェース前方のレーザー光の長さをバックスイング幅に調整し、レーザー光の先端がボールに当たるまでバックスイングすれば、正しいバックスイングになります。様々なバックスイング幅でのトレーニングを繰り返すことで、正しい距離感が習得できます。
レーザーコーチ パッティングが、ご愛用のパターのスイートスポットの方向の動きをレーザー光のラインで示しますから、ボールにインパクトする時に少しでもフェース面が目標方向からずれていれば、ハッキリそれを自覚できます。ボールにインパクトする時に、レーザー光のラインが目標方向に沿うように繰り返し練習して、スキルアップにつなげましょう。

<読者より>
お答えありがとうございます。

私は腰の切り過ぎでスライスと飛距離ダウンで悩んでいます。
前倒しの重要性に気付いてようやくスイングメカニズムに目覚め始めたってとこですかね。

seonpapaさんのスイングを拝見して、私にも出来るのではと思って練習に励んでいます。

でもseonpapaさんのように練習にはまってはないんですが。
ビデオでは明け方3時50分って出てますが本当ですか。
脱帽です。

スポンサーリンク

<私より>
土日は練習場が24時間営業ですので、毎週のように早朝練習に行ってます。
何故かと言いますと、早朝練習(AM8時半まで)の時は、入場料も照明料もありませんし、1球が10円と安いからなんです。

それと、歳なので早くに目覚めてしまうんですね~(笑)

そうそう、飛距離を求めるのでしたら腰は切らない方が良いでしょうね。
と言いますか、腰はインパクトまでは一切切らないこと。

要は、インパクト時には右足体重になっていることが大切なんです。
右足体重になっている時は、軸もブレず、また、フェイス面も遅れることなく切り返せますので。

54歳じゃ、まだまだ若いですので、飛距離は伸びますよ~

<読者より>
こんばんは。
ご連絡ありがとうございます。
後、もう一点質問なのですが ドライバー、アイアン、両方共叩きに行くイメージでスイングされてますか?
もしくは横振りな感覚でスイングされてますか?

<私より>
こんばんは。
コメントありがとうございます。
そして、返信遅くなってすいませんです。

さて、ご質問に関してですが、ドライバーもアイアンも同じスイングを目指しています。
ただ、貴殿が言われるような「叩きに行くイメージ」は全くありません。

単にアドレスに対してスイング(前倒し)をしているだけです。

要は、ボール(練習場ではフラットですが、現場では傾斜がありますので)に対してアドレスを取りますが、スイングはアドレスに対して取るようなイメージでスイング(前倒し)しています。

ということは、ボールに対して自分の身体の正中線(背骨)をどの位置にするのか、そして、その正中線(背骨)に対してどのように回転してスイング(前倒し)するのか、これに尽きると思います。

なので横振り縦振りのどちらかなのかといいますと、軸(正中線:背骨)に対しては横振り(回転)です。

一度作った軸(正中線:背骨)は崩さないように意識しています。
これがきちんとできる時は、本当に良い弾道になります。

とにかく、スイングについては、軸を崩さないという意識が重要です。
ではでは、頑張って下さいませ~(笑顔)

スポンサーリンク



この度、アベレージゴルファーの応援企画と致しまして、「ゴルフ異聞録」を開設致しました。
ご興味のある方は、是非、ご参加下さい。
応援致します。

「ブログランキング:ゴルフ部門」なんとか頑張っていま~す。 宜しくお願い致します。

「ゴルフ上達法」もヨロシクで~す。

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ

たまには、違う理論も勉強して、そして、良いところは取り入れたいですね。
お時間がございましたら、見てみて下さいね~

ゴルフ上達DVD 谷将貴 だから上手くなれない アマチュア10の勘違い  エンターブレイン

記事が参考になったらランキングバナーのクリックで応援お願い致します。励みになります。



スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 左腕の小指薬指側の筋肉にテンションが掛かりますので、そのテンションが掛かったよう…
  2. 「謙虚に謙虚に」 それが一番です。
  3. 前倒しのタイミングの取り方について。 左手の小指と薬指が鍵かな・・・・・・
  4. 身体(胸面)が飛球線後方を向いている時(両肩が飛球線ラインと直角の時)に右サイド…

関連記事

  1. ご質問に対する回答

    頭のてっぺんから肛門まで鉄の棒が突き刺さっているイメージなんです。

    <読者より>おはようございます。年末慌ただしい中いつもアドバイ…

  2. ご質問に対する回答

    飛距離は落ちても軸(背骨)が崩れないスイング作り

    <読者より>papaさん、こんばんは!ありがとうございます…

  3. ご質問に対する回答

    一番スッキリする前倒しの位置はトップなんです。

    <読者より>seonpapaさん、こんにちは。 連日の動画のア…

  4. ご質問に対する回答

    時松隆光プロ 違和感の無いグリップが一番だと思っています。

    <読者より>はじめまして。桑田プロのクォーター理論動画から…

  5. ご質問に対する回答

    読者の方の動画を見させて頂きました。皆さんも見せて下さいね~

    <読者より>初めまして。 今日初めて動画を拝見させていただきま…

  6. seonpapaのゴルフ動画

    前倒しとはどの方向に倒すのか?

    <読者より>いつも大変お世話になっております。私、以前よりは多…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近のコメント

    ブログランキング

    1. seonpapaのゴルフ動画

      何故、飛ばそうという意識がいけないのか・・・
    2. 嬉しいコメント

      左腕の小指薬指側の筋肉にテンションが掛かりますので、そのテンションが掛かったよう…
    3. seonpapaのゴルフ動画

      「100切りゴルフ」前篇
    4. seonpapaのゴルフ動画

      左腕の外旋反復練習の重要性について
    5. seonpapaのゴルフ動画

      「100切りゴルフ」後編
    PAGE TOP