ご質問に対する回答

トップから左腕を引いてしまいますと、左脇が空いてしまうということになります。

<読者より>
いつも楽しみに動画拝見しています。
桑田プロの理論に偶然出逢い、貴殿の動画に出逢い前倒しに取り組み始め3カ月になります。

今まではプレーンを重視して降り遅れ、それが嫌で手首をこねてタイミングが合えば良いのですが、合わないとチーピン、スライス、シャンクとあらゆるミスが出ておりました。

が前倒しの感覚が安定してきた今は曲がるボールの方が少なくなりました。

私も46才で161センチしかなく貴殿の動画はとても参考になります。
前倒しする前は当たれば250ヤード位は飛んでいましたがやはり降り遅れによるミスの方が多く230ヤード位がほとんどでした。

最近は切り返しを右を向いたまま右手、左手の入れ替えを行いヘッドにつられて体が回るイメージで260ヤード位は行くようになりミスが激減しました。
もう少し飛ばしたいのですがアドバイス頂けたら幸いです。

貴殿の左脇の絞まりは強烈に見えますが、何か意識している事はありますか?

スポンサーリンク


<私より>
おはようございます。
また、コメントありがとうございます。

前倒しを取り入れて、かなり改善されたとのこと、本当に良かったです(笑顔)
今までのプレーンを重視したスイングは、私も同じでしたので、よく分ります(笑)

まさにですよね。
良い時と悪い時の差があり過ぎですから(笑)

年齢的には、まだまだ、お若いですので、280ヤードは最低でも目標として下さい。
身長は私より、ほんの少し低いですが、それもそんなには関係ないと思います。

私も165Cmしかないので、縦振りはむずかしいから、本当に横振りです。
それも、やってはいけないアウトサイドインのスイングです。

でも、結果が良ければそれで良いと思っていますので、人から言われても全く気にしません(笑)

さて、左脇の絞まりですが、特に意識はしていません。
トップから直ぐに左腕を外旋させることだけを意識していますので 、インパクト時には、おのずと左脇が絞まってしまう感じです。

ということは、トップから左腕を引いてしまいますと、左脇が空いてしまうということになります。
だから、左腕を引かずに、トップから直ぐに外旋させながら、アドレス時の位置に戻す感覚なんです。

イメージとしては、アドレス時に戻された左腕は、左腕の前腕が正面を向く(左手の甲は下を向く)感じですね。

尚、目標の280ヤード以上を目指すのであれば、左腕の前腕の筋肉を鍛えて下さい。
要は、トップから左腕だけで、前倒し(外旋)でいるような腕にして欲しいのです。

そして、出来るだけ、身体を動かさないようなスイングを目指して下さいませ(笑顔)

ではでは、頑張って下さいね~

スポンサーリンク

<読者より>
アドバイス有り難うございます。
やはり脇の締まりは横振りの延長の結果なんですね。

私は癖でアップライトに上げてスイングする癖があります。
昔、チーピンに悩んだときに左に振り抜けなくなりました。

やはり身長が低いので横振りの前倒し、体にクラブが巻き付くようなフィニッシュになるくらいの左への振り抜きが大事ですね!
引っ掛けが出でもOKと思い練習していきます。

後、左腕の鍛え方は どの様なトレーニングしたら良いですか?

<私より>
左腕前腕を鍛えるのは、ダンベル5㎏位の物を手の平を上にした形でしっかり握りしめて、前腕を動かさずに手首だけの曲げ伸ばしをするんです。
私はあぐらの姿勢でテレビを見ながら、左前腕を左太ももの上で固定させて、手首だけの曲げ伸ばしをしています。

それから、練習では、左に引っ掛けるくらいの感じで良いですので、しっかり球を捕まえる意識で練習してみて下さいね。
ではでは。

スポンサーリンク

この度、アベレージゴルファーの応援企画と致しまして、「ゴルフ異聞録」を開設致しました。
ご興味のある方は、是非、ご参加下さい。
応援致します。

「ブログランキング:ゴルフ部門」なんとか頑張っていま~す。 宜しくお願い致します。

「ゴルフ上達法」もヨロシクで~す。

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ

たまには、違う理論も勉強して、そして、良いところは取り入れたいですね。
お時間がございましたら、見てみて下さいね~

インパクトから考えるとゴルフは急に上手くなる! (青春新書プレイブックス) 青春出版社

 

記事が参考になったらランキングバナーのクリックで応援お願い致します。励みになります。



スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. これが本当にやりたかったスイングなのです。
  2. 身体(胸面)が飛球線後方を向いている時(両肩が飛球線ラインと直角の時)に右サイド…
  3. 「見えない糸」の距離が変わらなければ、軸(背骨)はブレません。
  4. 「クラブを立てる」ということ
  5. 「私の練習内容」 何かの参考になれば嬉しいです。

関連記事

  1. ご質問に対する回答

    ゴルフは何で芝の上でやるのでしょうか? 桑田プロ曰く「ダフる為にですよ」と

    (読者Aさんより)今まで動画をずっと見続けていました。桑田プロ…

  2. ご質問に対する回答

    先ずはこの動作を一番初めに覚えることが良いと思います。

    (読者より)初めまして、67歳の爺です。私は社会人になって…

  3. seonpapaのゴルフ動画

    調子の悪い時は、何をやってもダメですね・・・

    <読者より>seonpapaさん こんにちわ兵庫県在中のゴ…

  4. ご質問に対する回答

    その動作を行う位置(幅)はトップから右腰の上部迄に完結させるのです。

    4月27日コメントを頂いた方からの続きです。(読者より)p…

  5. ご質問に対する回答

    スイングに於ける左の肩甲骨について

    (読者より)コメント失礼します。左腕の外旋を意識してスイングを…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近のコメント

    1. seonpapaのゴルフ動画

      何故、飛ばそうという意識がいけないのか・・・
    2. ゴルフ雑記

      これが本当にやりたかったスイングなのです。
    3. seonpapaのゴルフ動画

      左腕の外旋反復練習の重要性について
    4. seonpapaのゴルフ動画

      「100切りゴルフ」後編
    5. 嬉しいコメント

      スイングの基本である大項目をやらずして、中項目や小項目ばかりをやるから続かないの…
    PAGE TOP